NISAを年50万円枠として考えている

僕はNISAを、年50万円枠と考えて、、
投資信託の定額積立をしようと思ってます。

NISAはあまり融通のきく制度だと思っていません。
だからシンプルに投信積立だけに使おうと思ってます。
遊びならまだしも投資で、チクタクバンバンのような
時間制限のあるパズルはやりたくないです。

それはいいとして、
なぜ?年50万円枠に抑えて使うのか?
それは、NISAの非課税期間5年というところに関係しています。

僕は、この5年という期間は短いと考えています。
含み損を抱えたまま非課税期間が終了してしまう場合を
あらかじめ想定しておく必要があると思ってます。

以下 ==== 間の部分は、以前書いた
「どうする?NISA含み損の出口戦略-制度の見方を変えてみる」
を書き直したものです。主張自体は変わってません。

========================================
含み損を抱えた状態で非課税期間が終了し、
その後も運用を続ける場合の選択肢は2つです。
「特定・一般口座への払い出し」か?
「NISA口座へのロールオーバー」か?

元本100万→非課税期間終了時の評価額80万で、
20万円の含み損を抱えていると仮定して考えてみます。
(売買手数料は考慮してません。)

●特定・一般口座への払い出しを行なった場合
 払い出し後の運用で元本と同じ100万円で売却できたとします。
 売却益は払い出し時の価格からのものになりますので、
 100万-80万=20万が売却益となり、
 約4万円が課税で引かれてしまいます。
 最初の元本からみてプラマイ0なのに課税されてしまいます。

●NISA口座へのロールオーバーを行なった場合
 NISA口座内では非課税なので、その後の運用で
 元本と同じ100万円で売却できれば損失はありません。
---------------------------------------------------------------------
こういうことを考えると、
NISA口座へのロールオーバーの方が良いような気がします。
ただなんとも・・・制度の蟻地獄にはまってしまったような、
やるせなさは残ります。

また、ロールオーバー時に基準価額の上昇局面で、
近い将来、売却益が出ることが期待できるのであれば、
まだ良いのですが、

そうではなく、まだまだ基準価額は下がったままで、
回復には時間がかかりそうな状況だった場合は、
その時こそ、NISA口座での購入をしたくなります。

ですが、ロールオーバー部分が大きく残っていると、
新規購入枠が限られてしまいます。
---------------------------------------------------------------------
そこで、NISAという制度を、
1年100万の枠で5年で500万の枠ではなく、
1年50万の枠で10年で500万の枠と考えてみました。

当初の1年~5年目において、
100万ある枠の全てを使ってしまうのではなく、
半分の50万しか使わないようにして、
残りの50万の枠を6年目以降用にとっておくという方法です。

これであれば、10年の間、
最大月4万円で定額積立を続けることができます。
益がでていた場合は、オールオーバー直前に
50万を超える部分だけ売却しておけば、
運用的に問題ないと考えています。
========================================

含み損を抱えたまま10年経ったらどうするの?

う~ん、基本そこまでは考えていないですが、
運がないとか、売り時を逃したとか、
投資対象が悪かったと思って諦めるか、
NISA制度の継続を期待するしかないのではないでしょうか?

僕の場合、2ターン目での増額積立も考えて、
(NISA制度の継続も多少織り込んで)
1ターン目は、月3万円(年36万)ぐらいから
始めようかと思ってます。

投資対象も国内株式、先進国株式、新興国株式の
インデックス3本に絞るつもりなので
1本月1万円と感じで行こうかと思ってます。

ただ実際のところ、国内株式インデックスは
しばらく様子見すると思います。

もったいない使い方かもしれませんが、
僕の中で、NISAはメインの投資ではなく
確定拠出年金のようなオプション的制度と捉えてます。

0 Comments

Post a comment