2014年7月の新興国債券クラスの運用状況 ~ にょろ~ん めがっさ! ~

鶴屋さん

先週から次々と紹介してきました投信定期積立の運用状況ですが、
同じく今月15日に積立が行われた、
eMAXIS新興国債券インデックスの運用状況を報告します。

先日紹介した新興国株式同様に、
指定日を15日にして、10,000円/月で積立しております。

eMAXIS新興国債券インデックスは、
新興国債券クラスが下落しているというのを聞き、
逆張り的に、昨年9月頃から積立を開始しました。

========================================

ではeMAXIS新興国債券の状況です。(基準価額は7/17のものです)

eMAXIS新興国債券インデックス
基準価額¥13,306 
平均取得価額¥12,816 
保有口数85,836 
投資額¥110,000 
評価額¥114,206 
評価損益¥4,206 
評価損益率3.8% 

投資成績eMAXIS新興国債券20140717
(※クリックで大きくなります。)

徐々にというか微妙に基準価額が上がってきてはおります。
当然ながら新興国株式に比べると、その値動きは非常にゆるやかではあります。

では、下落に対しても緩やかなのか?というと、
まったくそんなことをなく、グラフを見ていただければ分かるように、
あれぇぇぇ~みたいな感じはよくあります。

実際、未だに昨年5月頃の高値には、ほど遠い状態です。
高値の期間はそんな長くはなかったので、
積立派の人にとってはそれほど大きな影響はなかったと思いますが。

ウクライナ状況の今後の進展の方向によっては、
株式だけでなく、こちらも大きな影響をうけることが予想されます。

が…僕はのんびりと積立していく予定です。

========================================

本日のアイキャッチ画像は、先日の新興国株式の報告に引き続き、
僕が毎月積立を行っている各資産クラスを、
涼宮ハルヒのキャラクターで例えると?ってことで、
「涼宮ハルヒの憂鬱」から鶴屋(つるや)さんに登場してもらいました。

え~と、名前はまだありません。

語り部たるキョンがあだ名のままですし、その妹にいたっては、
「キョンの妹」というもはや固有名詞でもない状態ですから、
仕方がありませんし、実際支障もありません。

それはそれとして、
「にょろ~ん」とか「めがっさ」の意味が未だに分かりません。

鶴屋さんはみくるちゃんの親友でもありますし、
みくるちゃんよりは頼りになりそうですし、
でも、すごく頼りになったりするわけではありません。
(鶴屋財閥のご息女というステータスはありますが…)

というわけで、みくるちゃんが新興国株式だとすると、
鶴屋さんは新興国債券といった感じでしょうか。

さて、残すは純金のみとなりました。
純金の運用報告は月末もしくは月初になると思いますので、
それまでじっくり予想してみて下さい。
僕もそれまでに誰かを探しておきます。(ってオイ!)


4 Comments

mochi  

おぉ!外債否定論に対して一家言ありそうですね。

こんにちは。夢見る父さん。

> ちゅるやさんだ!やった!

 候補として、鶴屋さんを最初に挙げてきたところは、さすがです。
 学園祭でのメイド姿の鶴屋さんとどちらにしようか迷ったんですけど、
 (こっちもメチャかわいい)
 鶴屋さんの持ち味である元気印を前面に押し出した絵を選択しました。
 口の上に少し見える犬歯がとってもチャーミングです。

> 新興国債券って、この20年間だと
> 年率平均リターン11%で最も成績の良いアセットなんですよ。
> 外債否定論者は多いですが、
> インデックスの場合、対象通貨は分散されるし、コストは安いので
> 単一国の通貨で否定する理論と違うと思ってます。

 僕は先進国債券クラスは米ドル・豪ドルMMFと絞った形で投資していますが、
 レアルとかリラの高金利は確かに魅力的ではありますが、
 単一通貨への投資としては、為替手数料が高コストなのと、
 どうしてもその国の経済への勉強不足が響いてきてしまいます。
 新興国債券インデックスはこの分散具合が魅力ですよね。

> また、購買力平価説についても
> 超長期についてはあてはまるにしても上述のように20年の長期で
> みてもあてはまらないから、
> 僕は、投資対象としてみています。

 なるほど。僕らが生きている間はどうなんだろうか?
 っていう期間を限定して考えることも必要ですよね。

> ただ、インデックス投資界では
> マイナーな意見なんですけれども。

 ここはひとつ夢見る父さんの発信力で、
 ドーンと「外債肯定論」を掲げてみてはいかがでしょう?

 というところまでは、いかないとしても、
 一度、夢見る父さんの意見をじっくりと聞いてみたいです。

 勉強になります。
 貴重なコメントありがとうございました。



2014/07/22 (Tue) 12:19 |  REPLY |   

夢見る父さん  

やったー

ちゅるやさんだ!やった!

新興国債券って、この20年間だと
年率平均リターン11%で最も成績の良いアセットなんですよ。
外債否定論者は多いですが、
インデックスの場合、対象通貨は
分散されるし、コストは安いので
単一国の通貨で否定する理論と違うと思ってます。

また、購買力平価説についても
超長期についてはあてはまるにしても上述のように20年の長期で
みてもあてはまらないから、
僕は、投資対象としてみています。

ただ、インデックス投資界では
マイナーな意見なんですけれども。

2014/07/22 (Tue) 10:20 |  REPLY |   

mochi  

こ、怖いんですけど。。。

こんにちは。ふわわたさん。
今やっと帰ってきたよ。

> 新興国債券だけではなく、外債自体不要と考えている投資家の方も多いですよね。

 うん。そうですね。
 僕も外債不要論ってわけではないですが、
 今はどちらかというと株式の方に重みをおいていますね。

 特に円は安全資産と見られていることから、
 為替リスクの影響が大きいということと、
 長期的にみれば高金利通貨は下落すると言われていることもあり、
 長期的な投資としては、リターンの割に、
 リスクが高すぎるという考え方もあるようです。

 またドルコスト平均法での積立を行っている方は、
 より振れの大きい株式の方が効果的と見ている部分もあると思います。
 僕の場合はこれに相当する感じです。
 
> 僕の場合、分散投資っていうからには少しは持っておくかという
> 安易な考えから先進国・新興国の両方の債券に少額ですが投資しています。

これはリスク資産のどこまでの縮小に耐えられるか?
 といったリスク許容度によって変わってくると思うので、
 自由でいいと思いますよ。 

> 次こそは妹しかいないはずです
> 金自体は価値を生まないのかもしれませんが、
> 無尽蔵にあるものではないはずですので、長期的に価値は上がっていくはずです。

一応理論的にはそうなるんだけど、僕らが生きているうちには、
 無尽蔵のごとく掘り出せるのかもしれません。 ^^;
 長期(僕らが生きているうちのという意味)で見ると、
 どちらかというと価値の変わらないものという位置づけになるのかな?
 というように考えています。
 
> 妹君も同じ、今はつるぺたで幼い子どもでも将来的にどうなるかわからないはずです。
  (以下略で・・・)
> ということで将来に期待するという面で妹君以外いないはずです。
> 宜しくお願いします m(__)m

 いやいや。いくら、ふわわたさんからのお願いとはいえ、
 僕はあくまでも自分の感覚で選んじゃいますから。
 (公平じゃないんだ・・・)
 もしご希望に沿えなかった場合でも、怒りのコメントだけはご勘弁を m(_ _)m

コメントありがとうございます。


2014/07/21 (Mon) 22:12 |  REPLY |   

ふわわた  

次こそ妹。間違いなく妹。妹以外考え付かない

こんにちは、mochiさん。

新興国債券だけではなく、外債自体不要と考えている投資家の方も多いですよね。

僕の場合、分散投資っていうからには少しは持っておくかという安易な考えから先進国・新興国の両方の債券に少額ですが投資しています。

よし、これで一応、今回の記事に触れたので、本題に入れます。

次こそは妹しかいないはずです
金自体は価値を生まないのかもしれませんが、無尽蔵にあるものではないはずですので、長期的に価値は上がっていくはずです。

妹君も同じ、今はつるぺたで幼い子どもでも将来的にどうなるかわからないはずです。
(今は今でもいいですが…)

みくるちゃんみたいなボイーンの
レディになるかもしれませんし、
春日野 穹ちゃんのように透明感溢れる美少女になっているかもしれません。
春日野 穹ちゃんのようになっているかもしれません。重要なので2回言いました

ということで将来に期待するという面で妹君以外いないはずです。

宜しくお願いします m(__)m

2014/07/21 (Mon) 19:26 |  REPLY |   

Post a comment