2014年5月のひふみプラスの運用状況 ~ ひふみさん@がんばらない 自宅警備員? ~

ひふみさん@がんばらない

5月から運用方針をディフェンシブに切り替えたらしいひふみプラス。

そんな中、相場の先行きがよく分からなかったので、
他投信の定期積立と同じ5/15(5/16約定)に10,000円積立しました。

僕が積立している投信の中で唯一のアクティブファンドであり、
かつ唯一の国内株式投信だったりします。

ひふみプラスに投資している理由としては、

日本は高齢化&人口減少社会だから経済は衰退していくでしょう。
だからアクティブ運用が必要なんですよ。
などという理由でそうしているのではなく(楽観はしてないけど)、
比較的監視しやすい(透明度が高い)アクティブファンドだからかな?

せっかく、そういったファンドに投資できる環境にあるんだから、
投資してみたいよね。っていうなんともミーハーな理由なんだと思います。

TOPIXとか日経平均のインデックスに投資していない理由は、
前は積立していたんだけど、途中で積立停止して、さらに全売却したら、
積立再開するタイミングが見つからなくなってしまったという、
実にヘタレな事情からです。

========================================
では、ひふみプラスでの5月末時点の運用状況です。(基準価額は5/30のもの)

ひふみプラス
基準価額¥19,122 
平均取得価額¥18,597 
保有口数¥64,530 
投資額¥120,000 
評価額¥123,388 
評価損益¥3,388 
評価損益率2.8% 

投資成績ひふみプラス20140530
(※クリックで大きくなります)

うほぉぉ!!
評価損益がプラス転換してくれました。

5月中旬までは、どこがディフェンシブなんじゃこらぁ~!! 
って感じで、完全にひきこもりをこじらせていたんですが、
それ以降は相場の雰囲気が一転、個人投資家が戻ってきたのか?
ジャスダック・マザーズの強い反発につられるように、
ひふみプラスの基準価額も回復してきました。

でも、ひふみさんらしい強い反発は見られません。
ディフェンシブに切り替えた影響が表れてしまったのかもしれません。

わかる。わかるよ。ひふみさん。

今まで押し目と思って、強気で勝負かけていたのが、
ことごとく裏目に出てしまい、さすがに弱気になって、
現金化とか銘柄切り替えたりしたとたん、
そこが底で、相場の上昇機運から置いてかれてしまう。

素人投資家にはよくあることだよね。

・・・ってアレ? ひふみさんプロだよね??

なんて言うほど悪くはないんですけどね。
ほら、好きな子に対しては、ちょっかいを出したくなるとかあるじゃないですか。
 (小学生かっ!)
調子が良くなってきた時こそ気を引き締める必要があるのです。
これは愛のムチなんです。

========================================

さて、ひふみさんをイジメるのはこれぐらいにして
(なんだかんだ言って結局いじめ)
6月も積立をするのですが、
ちょっとね。今の相場環境に違和感を感じているんです。

外人さんがポジションの逃げ場を作るための、先物での騙し上げなんじゃないか?
なんて、へそ曲がりなことを考えちゃったりするんです。

でも、NISAが運用金額枠を拡大するって話も出てきているし、
それへの期待で、素直に上げてくるかもしれません。

押し目待ちに押し目なし。なんて言葉もありますが、
一旦調整が入るまで待ちたいと思ってます。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment