2014年5月12日~16日の成績 富士宮応援ファンド「宮物語」 ~AMADAはYAMADA電機と関係ないよ~

タイトルロゴ

富士宮市に本社・工場がある会社株式に投資する
富士宮応援ファンド 愛称「宮物語」の
2014年5月12日~5月16日の成績を発表します。

========================================
現時点で成績はコチラ
富士宮インデックス成績1_20140516
(※クリックで大きくなります。)

僕の持ち株の成績は、右カラムのリンク集の「株ポートフォリオ」でも見れるよ。

今週は中盤で一時上昇する気配を見せながらも、
再び円高方向へ振れたことや米国株式の調整の影響をうけ、
終わってみれば先週末とあまり変わらず。といった感じでした。

そんななか、良決算と大胆な株主還元策を打ち出して、
株価比で26.7%もの上昇をみせたのが、今週のMVP【6113】アマダです。

まず配当金ですが、今期配当を年間12円→20円の大幅増配。
さらに次期配当予想は更に20円→26円への増配を計画しています。

次に自己株取得と償却です。
発行済株式総数に対して3.5%にあたる1,400万株を取得。
更に、うち発行済株式総数に対して2.5%にあたる部分を償却。

そして単元数を1000株→100株へ。

純利益の50%を配当金へ、もう半分を自己株取得に、
というように利益のすべてを株主還元にあてるという大盤振る舞いです。
しかも、この方針は平成28年3月期まで予定しているということです。

もう儲かっちゃって儲かっちゃって困ってまんねん。って感じでしょうか。
うらやましぃ!! また中途採用の募集が再開したら考えてみようかなぁ。
でも残業とかで忙しいのはヤダからいいや・・・

その一方で、完全に底抜けしちゃったのが【7932】ニッピです。
ここ最近、下げ止まる気配が一向にありません。
年末の大規模な増資が未だに尾を引いている気もしてます。

指標的には割安ではあるんですが、特に配当性向が高いわけでもなく、
1単元1000株で、株主優待が魅力的なわけでもなく、
割安放置が当たり前の会社なので、現状を割安といっていいのかどうか?

========================================
今週・年初来の暴騰率の推移を表したものがコチラです。
比較対象として日経平均・TOPIXとひふみプラスの推移も載せました。
「宮物語」は一部銘柄を利確したこともあり、全損益を対象としています。

---------------------------------------------------------------------
今週5月12日~5月16日の暴騰率の推移を表したものがコチラです。
先週末5月9日の値を0起点として暴騰率を算出しています。
比較対象として日経平均・TOPIX・ひふみプラスの推移も載せました。
富士宮インデックス成績2_20140516
(※クリックで大きくなります。)

いちおう富士宮応援ファンドが僅差でトップではあるのですが、
アマダの上昇分を考えると、やはり全体的には弱いです。

ひふみプラスは多少持ち直しの兆しも見えなくはないですが、
売却益を求める個人投資家の一時撤退の動きが収まらないことには…
もうそろそろだと思うんですけどね。

---------------------------------------------------------------------
そして年初からの推移になります。
昨年末12月30日の値を0起点として暴騰率を算出しています。
富士宮インデックス成績3_20140516
(※クリックで大きくなります。)

昨年印象的だったひふみプラスの下落耐性が今年は影を潜めてしまっています。
確かに昨年は持ち続けていることが良い結果を生むことが多かったのですが、
今年は今のところ、それが裏目に出てしまっているようです。

ひふみプラスはオーバーシュートに対する、
トレード技術や銘柄選択の妙が持ち味なので、
こういったずるずるには弱いのかもしれませんが、
ここはもう一段成長を見せて欲しいですね。
(素人のくせに偉そうに・・・)

========================================
今週ひふみプラスを買いました。

先週書いたように、よくわからないので、
他投信の定期積立と同じ15日に注文を出しました。
16日金曜日の基準価額で約定です。

あと6月ぐらいまで様子を見るつもりだったのですが、
中小型株がそろそろ落ち着いてきているようにも見えたので、
世界株式調整&円高にふれた金曜日に、
このファンドの銘柄ではないのですが、
2銘柄ほど単元未満株で1万円ずつ買い増しをしてみました。

これでもうしばらく様子を見ていきたいと思います。

0 Comments

Post a comment