2014年5月のNISA口座での投信積立状況  ~ ところでお兄様、早速デートですか? ~

  投資家困惑の劣等制

 私は おNISAま についていきます。


  欠陥をもつ投資優遇税制と、

   全然無能な投資家の、

    波乱の日々が始まる。








「納得できません!! なぜ、おNISAまが期間限定なんですか。
 おNISAまは外国でもトップの優遇税制だったじゃありませんか。
 本来なら確定拠出年金ではなく、おNISAまが…」


「ここ日本では、長期での資産形成より、短期トレード技術や、
 毎月分配による資産の取り崩しが優先されるんだ。
 期間限定とはいえ、よく制度化されたものだ。」


「そんな覇気のないことでどうしますか!!」

「期間限定にして、おNISAまのお力を削いだのは、上の方たちではありませんか!?
 それなのに、あの人たちは、自分のずさんなリスク管理を顧みずに、
 それ嵌め込みだの、やれ詐欺だの言って、
 損失の責任をおNISAまに被けているのですよ。」


「誰でも利用できるのは、おNISAま以外にいないというのに。
 長期投資だって本当なら…」


「それは口にしても仕方のないことだ。わかっているだろ?」

「もうし・・・わけございません。」

「お前は俺のかわりに怒ってくれる。俺はいつもそれに救われているんだ。」

・・・・以下、いちゃいちゃモードへ突入。
続きを見たい方はコチラをどうぞ!! (いやいや全然違うから)

魔法科高校の劣等生 入学編 1(通常版) [DVD]魔法科高校の劣等生 入学編 1(通常版) [DVD]
(2014/07/23)
中村悠一、早見沙織 他

商品詳細を見る

あぶない、あぶない。ついつい指が進んでしまい、
投信積立状況の報告だということを忘れて、1記事消化してしまうところでした。

========================================

では改めまして、NISA口座の投信積立の現状報告をしたいと思います。
今月5月は営業日の関係で、5月12日にNISA口座での積立が行われました。

NISA口座はスルガ銀行で開設しています。

現時点では、以下の2つの投資信託を毎月10日に積立しています。
●funds-i外国株式  15,000円/月
●funds-i新興国株式 10,000円/月

運用方針は「NISAを年50万円枠として考えている」に基づいています。

========================================
ではまずfunds-i外国株式の状況です。(基準価額は5/13のものです)

funds-i 外国株式
基準価額¥18,520 
平均取得価額¥18,036 
保有口数41,584 
投資額¥75,000 
評価額¥77,012 
評価損益¥2,012 
評価損益率2.7% 

投資成績fund-i外国株式20140514
(※クリックで大きくなります。)

為替が比較的安定していることもあり、このクラスは安心して見ていられます。
それにしても外人さん達は調整がうまいですねぇ。
大崩れするようなことはめったにありませんからね。
ダウは最高値を更新しているわけですが、
まだ為替は101円~102円前半ですから大丈夫でしょう。たぶん。

========================================
次にfunds-i新興国株式の状況です。(基準価額は5/13のものです)

funds-i 新興国株式
基準価額¥11,995 
平均取得価額¥11,587 
保有口数43,152 
投資額¥50,000 
評価額¥51,760 
評価損益¥1,760 
評価損益率3.5

投資成績fund-i新興国株式20140514
(※クリックで大きくなります。)

先進国株式に負けず劣らず、こちらも安定した動きを見せてくれております。
とはいえ、新興国は政治的にも経済的にもあちこちに爆弾を抱えておりますから、
いつもどおりに慎重に積立をしていきたいと思います。

========================================
5年後のロールオーバーを前提としているとはいえ、
あと少し投資枠が余っており、
そろそろ国内株式の投信の積立を開始してもいい頃だと思っているのですが、
全体のアセットアロケーションを考えたときに、
個別株式用に投資資金(NISA枠じゃないよ)を用意しておきたいので、
まっ、このままでいいか。って感じになってます。

0 Comments

Post a comment