20131111週の成績 富士宮応援ファンド「宮物語」 ~日経平均大爆上げ!!誰もついていけない~

富士宮市に本社・工場がある会社株式に投資する
富士宮応援ファンド 愛称「宮物語」の
今週の成績を発表します。

========================================

現時点での成績はコチラ
富士宮インデックス成績1_20131115
(※クリックで大きくなります。)

先週までの弱気な雰囲気が一転、
先物につられた形で日経平均が大爆上げしました。
中小型株は置いていかれる状態ではありましたが、
全体的に上昇傾向の週だったと思います。

宮物語もこの良い雰囲気の恩恵を受ける形で、
HKSを除く全ての銘柄が上昇しております。
ただ、先週まで上昇していた銘柄は、
警戒感からか伸びは少なかった感じではあります。

今週のMVPは約8.9%上昇したアマダです。
僅差でMVPにはなれませんでしたが、
テルモが約8.8%上昇と頑張ってくれています。

アマダはレーザー・タレパン、ベンダーといった、
主に板金用の産業機械を作っている会社です。

近年ではインドやタイなどの新興国への輸出に
力を入れている感じだったんですが、
アベノミクスによる設備投資減税や、
1000億円にもおよぶの中小企業向けの設備補助金など、
国内販売の増加期待もあったりします。

ただ、レーザー加工機あたりは1台5000万円以上しますから、
大企業の直接下請けで増産が見込めるならまだしも、
零細企業にとっては最大1000万の補助金など
焼け石に水って感じもします。

========================================

今週・設定来の暴騰率の推移を表したものがコチラです。
比較対象として日経平均・TOPIXと
設定日同日約定したひふみプラスの推移も載せました。

---------------------------------------------------------------------
コチラは今週11月11日~11月15日の推移になります。
先週末8日の値を0起点として暴騰率を算出しています。
富士宮インデックス成績2_20131115
(※クリックで大きくなります。)

今週は日経平均さんが元気に飛び出していきました。
さすがユニクロ指数とよばれるだけあって、
フットワークが軽いです。
BRICSなんて目じゃありません(笑)

宮物語は日経平均には大きく引き離されましたが、
TOPIXと比べると、まぁまぁ良い成績かな?と思います。

ひふみプラスは相変わらずイマイチですね。
中型株中心なので仕方がないのかもしれません。

---------------------------------------------------------------------
コチラは設定日8月16日からの設定来の推移になります。
設定日8月16日の値を0起点として暴騰率を算出しています。
富士宮インデックス成績3_20131115
(※クリックで大きくなります。)

宮物語は2位の座を確立したと思ったんですが、
たった1週間で日経平均にドッカーンと抜かれてしまいました。

ユニクロ・ファナック・ソフトバンク辺りを組み込んでないと、
これについていくのは難しいですから、
笑って見ているしかありません。

トヨタ関連株の投資信託がありますが、
そのうちユニクロ株だけの投資信託(ユニクロ・インデックス)が
出てくるんじゃないかと思ってしまいます。

一時ひふみプラスが大きく差をつけて、
イマイチ面白味にかけるレース展開ではあったんですが、
年末ゴールに向けての直線で日経平均が猛追し始めました。
年末はどのような結果になっているのか?
今から楽しみです。

========================================

ひふみプラスが最近イマイチ調子悪いのですが、
ここは中型株中心の銘柄を選んでいるからと割り切っています。
変に日経平均やTOPIXを意識して、
くっ付いていって、またドッカーンと下げられても困りますから、
今のスタンスを続けていって欲しいところです。

短期的な指数の上昇に追従したければ、
インデックスを買えばいいだけなんですから。

でも、一気に下げるときは、総悲観な雰囲気になって、
み~んな一斉に下がるんですよね。

日経平均は1週間で1000円を超える上昇ですから、
巷で囁かれるのは「5月の再来か?」になるわけで、
当然あの5・23を意識される方も多いようです。

僕としては、ほとんど調整なしで
16000円に向かうようであれば、
ただ眺めているだけで買いを抑える形になると思います。
もし5・23みたいなことが起こるようであれば、
持ち株のフォローとインデックスを買いにいく形でしょうか。

楽観もせず、かといって悲観もせず。
・・・な~んて、言葉ではいくらでも言えるんですけどね。

インデックス投信でシステマチックに毎月積立するのが、
一番合理的だとは理解していて、
海外資産クラスは普通にそうしているのですが。

国内株式クラスだと、なんででしょうか?
情報が色々入ってくるせいか、
つまんなくなってくるんでしょうね。
いろいろ考えて余分な裁量を加えてしまいます。

0 Comments

Post a comment