経費のムダです。今すぐハガキを送るのをやめなさい!!

僕は、ほとんど遊びで、
富士宮応援ファンド(現愛称:宮物語)といって、
富士宮市に本社・工場がある会社の株式を
未単元で取り揃えています。

昨日、その保有銘柄の2社から、
中間配当金のお知らせのハガキが送られてきました。
正確には、三井住友信託銀行を通じてですが。

え~と。

小野薬品工業:1株につき90円。
  1株所有なので90円。

星光PMC:1株につき6円。
  13株所有なので78円。

合計168円の配当金が12月にもらえることになります。

ワーイ ヽ(・∀・)ノ

未単元でも一応株主ということで、
こんなハガキが送られてくるんですね。
ありがたいことです。

でも、もし僕が議決権を持つ株主だったら言いたいです。

「経費のムダです。
   今すぐハガキを送るのをやめなさい!!」



コレ、確定拠出年金の日本レコードキーピングも同じですね。
拠出先割合を変えたり、スイッチングする度に、
内容通知のハガキが送られてきます。

僕の場合、スイッチング無制限なので、

「やめないと、毎日100円ずつスイッチングしちゃうぞ!!」


それでも、このムダな作業が雇用を生んでいるわけで、
景気回復にはムダも必要なのかな?

でもでも、効率的にやることで利益は生まれるわけで、
やはり景気回復には効率も欠かせない?

と、なんとも矛盾したことも考えてしまうわけで・・・

0 Comments

Post a comment