人が癌になりやすいのは進化したせい!?

ちょっと資産運用とは関係ないですが、
break timeということで小ネタを一つ。

この前、NHKスペシャルで
病の起源」ってシリーズをやってました。
第1回は「」についてでした。

ガン保険を一部解約したこともあり、
思わず見てしまいました。

そもそも癌は分裂細胞の際に、
コピーミスによって、異常な細胞ができてしまい、
そいつが癌細胞を作り出すことから始まるそうです。

だから癌は人だけでなく、
ほとんどの動物が起こりうる病気だそうです。
恐竜も癌になっていたことが化石から分かっています。
極端な話、生物が多細胞生物に進化したときに、
癌が生まれたとも言えます。

でも、他の動物に比べると人は特に癌による死亡率が高いです。
例えば人とDNAが99%同じといわれるチンパンジーと比べると、
チンパンジーが2%に対して、人間(日本人)は30%です。
人の場合は、癌の増殖率が高く、
それは人が進化したことによる部分が大きいそうです。

進化1:
 遺伝子が精子を常に作り出されるように進化したこと。
 癌は精子の増殖メカニズムを利用してます。

進化2:
 脳の発達するように進化したこと。
 人の脳細胞は増殖しやすくなっており、
 癌は脳細胞の増殖メカニズムを利用してます。

進化3:
 人がアフリカから出て世界中に広がって繁栄したこと。
 紫外線によって作り出される
 ビタミンDは癌を抑える働きがあり、
 赤道から離れたところで暮らすことで
 ビタミンDが作られにくくなった。

特に進化1が面白かったです。
なぜ「遺伝子が精子を常に作り出されるように進化」したのか?
これはあくまでも仮説の一つだとは思いますが・・・

チンパンジーのメスは妊娠期になると生殖器を膨らませます。
オスはそれを見て交尾を行うわけです。

かつて人は、オスがメスに食べ物を運んで、
その見返りに子孫を残す為の交尾をしていたらしいです。

でも、妊娠期でないとオスが食べ物を運んでくれなくなるので、
妊娠期が表面からは分からないよう進化した。
ということです。

で、オスはそれに対して、いつもGo!!できるように、
精子を常に作り続けるようになったらしいです。

なんだかなぁ~

0 Comments

Post a comment