2018年2月末の資産評価と3月の資産運用予定 ~ 思っていたよりも軽傷で済んでいる感じです。 ~

だがしかし 遠藤サヤ 目を逸らす 20180304-Endo-Saya_s.jpg

アンタは鈍感だから気づいてないかもだけど…
また相場の雰囲気が怪しくなって、今の資産もっとボロくなってるから。

2018年2月末の資産評価

2月は米国金利上昇懸念からNYダウを中心に米国株式が大きく崩れ、それを震源として世界的に株式市場のリスクオフが進みました。

それでも月中旬には一旦底打ちを見せ株価は回復傾向へと転じましたが、依然として警戒感は残っており、上昇一辺倒だった昨年とは少々違った雰囲気を醸し出しております。

リスク資産の詳細と推移です

(※預貯金や個人向け国債は含んでおりません)

201802資産状況詳細
201802資産推移

一時は前月比で20万円ほど含み益が減少したりしましたが、月末時点ではそこそこ回復しております。

国内株式もコテンパンにやられた印象だったのですが、数値として見ると意外と踏ん張ってくれていました。
昨年調整が続いていた銘柄が相場逆行で上昇してくれたことも大きいです。

評価額が大きくなってきているので、運用利回り-2%でも10万円程度の損失が発生してしまっております。
含み益にはまだまだ余裕があるとはいえ、昨年の上昇相場で精神的なリスク耐性が緩んでいることもありますので、ここで一旦気を引き締めるためにもちょうど良い調整だったと思います。

リスク資産のアセットアロケーションです。

ドーナッツ型の円グラフを用いて、内円が昨年2017年末、外円が今年2月末時点での資産比率を表しています。

201802アセットアロケーション

日本株でナンピンをしたことや同クラスが意外に底堅かったこともあり、国内株式の比率が少し上がっております。

一方でボラティリティの影響で先進国株式クラスの比率が減少傾向となっています。
ただ資産の4割がバランス型ファンドで占められていることもあり、バランス型ファンドを分解した時の詳細比率で見ると目に見えるような数値としてはほとんど変化がない状態です。

過去統計に基づくリターン・リスク特性は以下のとおりです。
【2003/03/31~2018/2/28】

  • リターン: 7.1%(年率)(前月比:-0.3)
  • リスク :13.5%(年率)(前月比:±0.0)

為替ヘッジ型が混じっているということもあり、野村インデックスファンドfunds-iのHPにある投信アシストのポートフォリオ分析で計算しています。

投信アシスト “つみたて&分散シミュレーション”

投資方法や資産配分の見極めは難しいもの。
あなたに合った投資スタイルを見つけましょう。
【ポートフォリオ分析】資産構成の見直しをお手伝い。

現時点で想定される年間最大損失額は、評価額基準で約85万円。

想定では元本割れなしと見積もっていますが、過去2003年から最大下落率は-42%であり、リーマンショック級の金融危機が訪れた場合の損失はこの限りではありません。

リスク資産のポートフォリオです。

資産クラス商品種別商品名資産比率損益率
国内株式個別株 富士宮応援ファンド5.8%  51.1% 
 好配当株ファンド21.4%  118.5% 
 靴磨きファンド5.7%  34.2% 
 【1492】MAXIS JPX日経中小型株0.4%  34.2% 
先進国株式投資信託 ニッセイ外国株式インデックス16.1%  24.3% 
 たわらノーロード先進国株式5.2%  12.7% 
先進国債券投資信託 funds-i外国債券インデックスH有6.3%  -2.3% 
バランス投資信託 iFree8資産バランス25.5%  12.7% 
 funds-i内外7資産バランスH有13.8%  7.8% 

2月は相対的にパフォーマンスが良かった日本株や先進国債券の比率が上昇し、それ以外が資産減少に伴い比率が下がっております。

ただこの程度のボラティリティであれば、ここでの定期積立による追加投資がいずれリターンに貢献してくれることになるだろうと考えています。

2018年2月の資産運用内容

投資信託

【特定口座分】

  • ニッセイ外国株式インデックス
  • 10,000円 定期積立
  • funds-i7資産バランス・ヘッジ型
  • 10,000円 定期積立
  • iFree8資産バランス
  • 10,000円 定期積立
  • funds-i外国債券インデックス・ヘッジ型
  • 10,000円 定期積立
日本株
  • 【2264】森永乳業
  • 1株  4,896円(平均4,896円)購入
  • 【2502】アサヒグループHD
  • 1株  5,241円(平均5,241円)購入
  • 【3712】情報企画
  • 4株 9,091円(平均2,273円)購入
  • 【4719】アルファシステムズ
  • 4株 9,159円(平均2,290円)購入
  • 【7291】日本プラスト
  • 4株  3,847円(平均  962円)購入

2018年3月の資産運用予定

とりあえずいつもの投信定期積立を行います。

投資信託

【自動定期積立】(10,000円/月)

  • ニッセイ外国株式インデックス
  • iFree8資産バランス
  • funds-i内外7資産バランス・ヘッジ型
  • funds-i外国債券インデックス・ヘッジ型

相場がもう一段押し込んで、保有株で損益-10%を超える銘柄が出てきた時は、再びナンピンを行おうと考えています。

んで。早くも事後報告になってしまうのですが、3月1日に【2914】JT【9433】KDDIを購入してしまいました。
翌2日にNYダウが崩れたことで国内株式が大きく調整したことを考えると、タイミングとしてはかなりイマイチ感が残るわけですが、相場勘の悪さは今に始まったことではありませんし、そんなものかな?と。

今日のアイキャッチ画像は。

「だがしかし」から、遠藤サヤ(えんどう・さや)ちゃんです。

TVアニメ『だがしかし2』公式サイト

家業の駄菓子屋を継ぎたくない鹿田ココノツと駄菓子マニアの不思議な美少女・ほたる。ほたると一緒に過ごすココノツは順調に駄菓子店長への道を進んで・・・いるかはわからないが、 友人の遠藤豆・遠藤サヤとともに楽しい夏休みはまだまだ続く!?実在の駄菓子盛りだくさんでお贈りする、美味し懐かし駄菓子コメディー!再び、お腹いっぱい召し上がれ!!!

今シーズンは15分アニメと放映時間が短くなっていますが、この作品の場合、それぐらいが丁度良いのかもしれません。

というか、最近メインヒロインのほたるちゃんが全然出てこなくなって、駄菓子コメディーというよりも単なる駄菓子屋が舞台のコメディーになってしまっています。

まぁ僕はサヤ師派なので、別にそれでも構わないっちゃー構わないんですけどね。

スポンサーサイト
資産状況だがしかし遠藤サヤ

0 Comments

Post a comment