2018年1月15日~19日の成績 富士宮応援ファンド「宮物語」 ~ まさかの誤発注!? 突然の悲劇が宮物語を襲う!! ~

刀使ノ巫女 十条姫和 跪く 20180120-Jyujo-Hiyori_s.jpg

 くぅ・・・こんなことになるなんて、一生の不覚!! 




思いもよらない出来事が…


 先日、投信積立グラフ作成用に保有口数などのデータを確認するためにマネックス証券にログインしたんですが、その時に個人向け国債の利子入金も確認しておこうと思い、清算表を見ていると30,000円ぐらいの見知らぬ入金がありました。

 これは何だろう?と調べてみると、いつの間にか保有株が売却されてしまっており、それの売却金として入金されておりました。

 昨日、ワン株分散テーマ投資ツール「MONELIO(マネリオ)」をリリースできたわけですが、どうやらその動作テストをおこなっていた際に、一括売却した分を一括取消するのを忘れてしまっていたようです。

マネックス証券ワン株でFOLIOやS株Now!みたいに分散テーマ投資を行うエクセルVBAツール【MONELIO(マネリオ)】完成版 | 富士宮で貯蓄と資産運用

MONELIO(マネリオ)は、少額テーマ投資サイトFOLIOやSBI証券S株Now!のように、マネックス証券のワン株サービスを利用して分散テーマ投資を行うツールです。 MONELIO(マネリオ)はエクセル上で動作し、大きく分けて3つ機能を持っています...


 売却テストは実際にマネックス証券で保有している単元未満株を使って行わなければならないので、銘柄コードの若い順から10銘柄をシートに書き込み、それぞれ1株を一括売却する処理を行っていたわけですが…
 注文履歴をみるとテーマ銘柄の一括購入の取消は行われていたのですが、一括売却の方はそのまま残って約定状態となってしまっていました。

 MONELIO(マネリオ)を使って再度同じ注文を行ってみましたが、一括売却後の一括取消は有効に動作し、今回の誤発注はプログラムの不具合等によるものではなく、単に一括取消を行うのを忘れていただけでした。

 その10銘柄の中には、「宮物語」の構成銘柄も含まれており、【2502】アサヒグループHD【2264】森永乳業が1株ずつ売却されてしまいました。
 両銘柄とも「宮物語」の中では1・3番目の値嵩株であり、それによって各銘柄の組入比率バランスが大きく狂ってしまいました。

 それでもこの2銘柄はまだマシな方で、1株数百円の銘柄などは株価に対する売却手数料が10%近く掛かってしまっていたり、またそういう銘柄にかぎって含み損を抱えていたりと…2時間ぐらい気持ちが沈んでしまうような有様でした。

 せめてテーマ株の一括購入の方での注文取消ミスであれば、意図せぬ購入であったとしても将来的な楽しみは残りますし、ブログネタ的にも「間違いで始まったテーマ株投資」として続けていくこともできたんですけどね。

 まぁ終わってしまったことを悔やんでも仕方がありませんので、気を取り直して「宮物語」の成績報告に移りたいと思います。


先週の国内株式市場


 富士宮市に本社・工場がある会社株式に投資する富士宮応援ファンド 愛称「宮物語」2018年1月15日~1月19日の成績を発表します。
 先週の国内株式は、為替が円高に振れているものの、米国株式を中心とする世界的な株式市場が好調に推移していることから底堅く始まりました。

 途中、NYダウが26,000ドルを超え史上最高値を更新したことや、円安に傾いたこともあって、約26年ぶりとなる日経平均24,000円台に突入する場面もありましたが、利益確定売りに押される形で沈んでしまいました。


「宮物語」の現時点での成績です。


富士宮インデックス成績1_20180119

 僕の持ち株の成績は、右カラムのリンク集の「株ポートフォリオ」でも見れるよ。

株ポートフォリオ

うっどさんが運営する登録無料の会員制日本株管理Webサイトです。
株価や損益管理は勿論のこと、最大10種類まで設定できる口座別管理や、監視銘柄の設定、適時開示情報の表示など便利な機能が満載です。



 先週のMVPは【4963】星光PMCです。
 昨年末株価に対して、約9.9%の上昇を見せてくれています。

【4963】星光PMC株価チャート1年-20180119


 1/16にセルロースナノファイバーの商業生産が開始されたとのニュースリリースが発表され、当日は一時ストップ高を記録するなどイナゴ投機家達にに食い散らかされる場面もありました。
 現在は多少落ち着いてきてはいるものの、未だにその余韻が残っている状況といったところです。

 それでも円高の影響で下落する銘柄も多い中で、パフォーマンスの下支えに貢献してくれていることは有難く感じます。


週間騰落率推移


 先週2018年1月15日~1月19日の騰落率の推移を表したものがコチラです。
 前週末1月12日の値を0起点として騰落率を算出しています。

富士宮インデックス成績2_20180119

 「宮物語」が18日にズドーンと下がってしまっているのは、最初に書いた誤発注による影響です。

 「宮物語」の基準価額算出には現金枠を考慮していないこともあり、売却が行われるとファンドからの資金流出によってパフォーマンスが低下してしまいます。
 時に今回は全体の4%近い10,000円がファンドから失われたことになったことで、このように大きく下落しているような形になってしまいました。

 誤発注による売却が行われたのは16日なので、実際のパフォーマンスとしては既にその時に下がっているのですが、それに気づいたのが18日夜になってからなので、このようなグラフになっております。


年間騰落率推移


 年初からの騰落率の推移を表したものがコチラです。
 昨年末12月30日の値を0起点として騰落率を算出しています。

富士宮インデックス成績3_20180119

 誤発注によるパフォーマンス低下も響き、序盤から大きく差を付けられいる状況になってしまっております。

 JPX日経中小型株指数も昨年に比べてあまり調子が良くなさそうですし、まだまだこれから挽回できるチャンスはいくらでもあるんだろうと思います。

 まぁ。それには今回の星光PMCのようなイナゴ投機家期待なところもあるんですけど…


心にうつりゆく よしなし事を つれづれなるままに。


 なんか最近ビットコインが派手な値動きをしていますね。
 そもそも買おうとは思っていないんで、見ていて怖いとかそういった感覚すら感じることはないんですけどね。

 ニュースでも取り上げられることも多くなり、そのせいか会社でも話題になることがたまにあったりします。

 「ビットコインって株と一緒なんでしょ?」

 おいおい。全然違うものだって…
 面倒なのであえてその違いを語ることもしませんし、ただ聞き流すだけにしているわけですが。

 やはり考えてしまうのは、会話の中で彼らの言っているところの「株」というのが、「ギャンブル」と同義語として用いられているということ。

 まぁ。田舎ですしね。
 町の中にアイザワ証券会社がポツンとあるのをクルマで通りがかった時に見たことがありますが、おそらく富士宮にある証券会社はそこ一つだろうと思います。

 そして、そんな彼らはパチンコが大好きだったりするんですよね。
 株式の数%の値動きは怖いけど、パチンコで買った玉がどんどん減っていくのは怖くないみたいです。

 なんだかなぁ~と思う一方で、そういった認識のアンバランスさはどっからくるのかというと、「理解できないものに対する畏れ」という、動物にとってあまりにも自然な感覚が起因しているんじゃないかと考えています。

 全然見知らぬ世界のもので理解できない値動きをする「ビットコイン」「株」も彼らにとっては同じヤバいものでしかなく。
 それとは逆に、玉を飛ばして穴に入れたり、回転ドラムの絵柄を合わせたり、1着になる馬を当てたりするのはとっても分かりやすく、彼らにとって身近で安心なものなんだろうと。

 そしてそれは図らずも「解らないものに投資をしない」という投資の大原則に沿った行動でもあり、彼らはお金を使ってギャンブルを楽しんでいるにすぎないわけで、そこに「ビットコイン」と「株」と「パチンコ」の違いを云々言うのは野暮というものなのかもしれません。


今日のアイキャッチ画像は。


 刀使ノ巫女から十条 姫和(じゅうじょう・ひより)ちゃんです。


オリジナルアニメーション「刀使ノ巫女」公式サイト

制服女子たちによる美少女バトルアクション!! 古来、人の世を脅かしてきた異形の存在・荒魂を御刀によって祓う神薙ぎの巫女=刀使(とじ)。制服に帯刀という彼女たちがその技を競う恒例の大会が、開催されようとしていた。全国五校から選りすぐりの刀使が集うこの大会に向け、ひとり技を磨く少女がいた――


 放映が始まる前は対荒魂戦を中心に描かれる作品と思っていたんですが、どちらかというと対人間同士の群像劇といった印象です。
 それでも一応、敵役はその荒魂に操られているのか、操っているのか、荒魂に近い存在らしいんですけどね。

 メインヒロインのストーリー展開がちょっと強引すぎるきらいもありますが、そうじゃないと話も進まないところもありますんでね。

 僕としては主役級よりもサブの方にお目当ての女の子がいるので、みんなが早く合流してOPのように入り乱れて欲しいな。と思ってます。


スポンサーサイト



投資成績個別株投資刀使ノ巫女十条姫和

0 Comments

Post a comment