「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました。

少女終末旅行 チト&ユーリ 20171120-Chito-Yuuri_s.jpg

わたしたち投信ブロガーだっけ?

…たぶんな。



やっぱり彼女しかないでしょ!


 「アニオタ投信ブロガーが選ぶ! Heroine of the Year 2017」に投票しました。

 この投票イベントに参加するのも今回で5回目となります。

 ちなみに前回2016年は、クオリディア・コード天河 舞姫ちゃんに5点を集中投票しました。 

舞姫水着縮小

 おもわず原作ラノベを購入してしまったぐらいですからね。
 小説版の姫ちんも超カワイイですよ。 (´▽`)はぁぁ・・♪



 さて前置きはこれぐらにして、いよいよ投票内容の発表といきますか。

 今年2017年は・・・・ダカダカダカダカ・・・ ダン!!

 エロマンガ先生和泉紗霧ちゃんに5点です!! v(≧∇≦)v

紗霧EDイェーイ縮小

 いやー今年も後1ヶ月ほど残っておりますが、秋アニメの状況を鑑みるに、今年のNo.1ヒロインは紗霧ちゃんで決まりでしょう。
 うんうん。お兄ちゃんは嬉しいよぉ。 m(;∇;)m

 山田エルフ先生の存在がちょっぴり気になるところではありますが、おそらく大丈夫でしょう。僕の目に狂いはありません。 (`・ω・´)キリッ
   ・
   ・
   ・
 そろそろ本気で投票無効にされそうなので、遊びはこれぐらいにして。


やっぱりこのファンドしかないでしょ!


 んじゃ。あらためまして。

 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました。


投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか? 自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。


 こんな投信ブログだかなんだかよく分からないブログでも今回で5回目の投票になるんですよね。
 まぁ。ブログを続けるだけならテキトーなこと書いてればいいだけですからね。

 ちなみに前4回の投票内容は以下のようになっています。

<2013年>
 ●ひふみプラス 3点
 ●eMAXISトピックス 1点
 ●eMAXIS先進国株式 1点

<2014年>
 ●ニッセイ外国株式インデックスファンド 2点
 ●ひふみプラス 1点
 ●eMAXISバランス(8資産均等型) 1点
 ●funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型 1点

<2015年><2016年>
 ●funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型 5点



 そして今年2017年の投票ファンドは・・・ダカダカダカダカ・・・ ダン!!

 funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型 5点

 ま・た・か・よ!!

 いや、今年低コストインデックスファンドが多数登場したでしょ。
 結構票が分かれるんじゃないかと。
 そろそろこの投信も10位以内に入れるんじゃないかなぁって。

 コレを積み立て続けている僕としては、少しでもこのマイナー投信の認知度を上げて、その良さをみんなに知って欲しいんだよね。


マジメな投票理由です。


 昨年末のトランプ相場以降、為替ヘッジ型には不利に思える円安基調が続いているわけですが、そんな中でもfunds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型は昨年以上に安定した良好なパフォーマンスを示しています。

 当然、為替ヘッジ無しと比べれば円安の恩恵が受けられていない分、パフォーマンスが見劣りする部分があるのも事実です。

 そしてまた米国の利上げが予定されている中、今後も円安基調が続くであろうとの見方が大半を占めています。

 ただ為替が常に一方向に動くとは限らず、日本からの投資においては為替変動に影響され、成長性に魅力ある外国資産に対して、必要以上にボラティリティが高くなる傾向があります。

 適度なボラティリティはリターンの原資となる場合もありますが、その一方で過度なボラティリティはリターンを蝕んでしまいます。
 長期的な安定運用を目指そうとした場合、この為替変動を単なるノイズとして無視するには少々大きすぎるように思えます。

 為替ヘッジというと単に円高に備えるものという印象がありますが、その本来の目的は為替の影響による資産変動を抑えながら、世界経済の発展を享受することにあります。
 更に為替ヘッジされた資産同士でポートフォリオを組むことで、正の相関関係を低く抑えることで、分散投資の効果をより高められると考えられます。

 それをお手軽簡単に構築できるのが、為替ヘッジのバランスファンドであるfunds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型なのです。
 為替ヘッジ型という特性を考えると主役級にはなれませんが、他投信と組み合わせることで、その特長が生きてくると思います。

 funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型は、初心者の資産形成からリタイア後の資産運用まで、あらゆる局面において安定した運用が期待できる投信だと考えています。


今日のアイキャッチ画像は。


 「少女終末旅行」から、手前にチトちゃん、奥にユーリちゃんです。


TVアニメ「少女終末旅行」公式サイト

終末世界でふたりぼっちになってしまったチトとユーリは、愛車のケッテンクラートに乗って延々と広がる廃墟をあてもなくさまよう。日々の食事さえも事欠く、明日の見えない毎日。だけどそんな「日常」も、ふたり一緒だと、どこか楽しげだったりもして…


 登場人物はこの二人以外ほとんどおらず、文明崩壊後の終末世界という舞台設定とは似つかわしく、可愛らしいキャラデザインのまったりとした印象の日常系アニメです。

 原作は無料漫画サイト「くらげバンチ」で連載中です。
 このサイトからのアニメ化作品としては「SHOW BY ROCK!!」がありますね。

 丁寧にアニメ化されているとは感じるものの、内容的には漫画で十分といった気がします。
 アニメのゆったりとしたペースが合わないと感じた人も、自分のペースで読める漫画ならまた違った印象を受けるかもしれませんね。

FOYfunds-i内外7資産バランス(為替ヘッジ)少女終末旅行チトユーリ

0 Comments

Post a comment