iFree新興国株式とiFree8資産バランスのパフォーマンスをeMAXISと比べてみる。

天使の3P! 鳥海桜花 バイト制服 メイド服 20170818-toriumi-sakura_s.jpg

(美味しいファンドはどっちかな?)


iFree新興国株式はガッカリ?

 約1年前に新興国株式クラスとしては最安コスト信託報酬0.34%(税抜)を掲げて物入りで登場したiFree新興国株式だったのですが、その実質コストは1.3%を超えるものだったようです。

 ベンチマークとしてファンダメンタル・インデックスであるFTSE RAFIエマージング・インデックスを採用していたのはコスト面を重視してのことだと思っていたのですが、結果としては返って高コストになってしまっているのではないかといった印象を受けます。
 たぶんマザーファンド規模の大きさとかが関係あるんでしょうね。

 よく分からないベンチマークのファンドに対して積極的に投資していくチャレンジャーな僕ではありませんでしたが、構成資産としてiFree新興国株式が1/8含まれているiFree8資産バランスに積立投資をしていたりします。

 しかもiFree8資産バランスが設定されてから1ヶ月ほど経過したところで、当時多少含み損を抱えていたeMAXISバランス(8資産均等型)から損益通算を利用して資産移行を行っちゃってます。
 慌てるナントカは貰いが少ないってヤツなのかもしれませんね。

 とはいえ、iFree8資産バランスの新興国株式部分に関してはあまり気にはしてないんですけどね。
 正直なところFTSE RAFIエマージング・インデックスもMSCIエマージング・マーケット・インデックスもたいして変わらないだろうと高を括っていたというのもありますし、たとえ違いがあったとしてもどちらが良いかなんて分からないわけなんで。

 ヘンテコな連動指数でも安ければいいかって感じで…安物買いのナントカってやつなのかもしれませんね。

 その辺は現在でもニッセイ外国株式インデックスを積立しているぐらいですし、投信のコスト面はネタ的に飛びついているだけで実際のところはそれほど気にしていないんだろうと思います。


iFree新興国株式とeMAXIS新興国株式のパフォーマンス比較

 とりあえず。iFree新興国株式のパフォーマンスを確認することを目的として、eMAXIS新興国株式とパフォーマンス比較してみたいと思います。

 まずは直近6ヶ月間のパフォーマンス比較です。

iFree-eMAXIS新興国株式比較6ヶ月

  青:iFree新興国株式 [0431R169]  赤:eMAXIS新興国株式[0331809A]

 あんぎゃー!! なにコレ!?
 実質コストが1.3%云々とかどーでもよくなるレベルの差がついてしまっています。
 iFree新興国株式がボッコかと思ったのですが、7月末の月次報告書を見るかぎりは6ヶ月間のベンチマークとのパフォーマンス差は1%程度なので、FTSE RAFIエマージング・インデックスがボッコなようです。


 これ1年間だったらどーなるんだ?ってことで、直近約1年というかiFree設定来からのパフォーマンスを比較してみると…

iFree-eMAXIS新興国株式比較1年

  青:iFree新興国株式 [0431R169]  赤:eMAXIS新興国株式[0331809A]

 1年間という点で見ればほぼ同じようなパフォーマンス値になっているようです。
 当初iFree新興国株式の方が勢い良く上昇していっているのですが、今年3月ぐらいから徐々に差が縮まり、その後5月中旬からはほぼ同じように推移しています。

 なるほどナルホド。今年の1~2月ぐらいまではiFreeで投資して、その後にeMAXISに乗り換えればベストだったんですね…おいおい。

 そんな冗談は置いておきまして、iFree新興国株式の7月末の月次報告書を見て気づいたのですが、設定来でのベンチマークとのパフォーマンス差は0.5%しかないんですよね。
 それが年初来からだと1.4%に拡大しており今年に入ってからの運用がウンチなのかも?

 と思ったら、基準価額とベンチマークの推移グラフを見るとどうやら昨年はベンチマークより上振れていたようです。
 いずれにしても運用がウンチなのには変わりがありません。

 その他、昨年クリスマス頃に純資産総額に300億円ぐらい上ヒゲが出てたり気になる点は多々ありますが深く考えないことにしましょう。


iFree8資産バランスとeMAXISバランス(8資産均等型)のパフォーマンス比較

 ではでは次にいよいよ本命の8資産均等同士でのパフォーマンス対決です。
 今度は直近6ヶ月間と1年間を並べて紹介しますね。

iFree-eMAXIS8資産バランス比較6ヶ月

iFree-eMAXIS8資産バランス比較1年

  青:iFree8資産バランス [0431X169] 
  赤:eMAXISバランス(8資産均等型)[0331111A]

 え~と。両ファンドの違いとすれば新興国株式部分のベンチマークなわけですが、それがキレイに1/8だけ反映されている印象です。
 確かに新興国株式比率が1/8なのでそういうものかとも思ったりしますが、リバランスの影響というのはあまりないのかもしれません。

 現時点においては、昨年iFree8資産バランスに切り替えても、そのままeMAXISバランス(8資産均等型)で積立していてもほぼ変わらない成果が得られたんだろうと思います。

 ただその後eMAXIS Slimの8資産均等が出てきたことから、eMAXISバランス(8資産均等型)で積立していた場合は三菱UFJ国際投信への裏切られた感が生まれてしまってたでしょうね。


今日のアイキャッチ画像は。

 「天使の3P!」から、鳥海 桜花(とりうみ・さくら)ちゃんです。
 
 ジャリっ娘たちも可愛いのですが、僕はやっぱり桜花ちゃん推しです。

 せっかく桜花ちゃんが好き好きオーラを出しまくっているのに、まったくラノベ主人公ってヤツは!!

 それはそれとして。桜花ちゃんの水着姿が見たかったのに…温泉回とかないのかなぁ?


投資考察iFree8資産バランスeMAXISバランス(8資産均等型)

4 Comments

mochi  

素直にとても嬉しいです

こんにちは。シュトリーさん。

そのようにおっしゃっていただけるのはとても嬉しいです。
ありがとうございます。





2017/09/02 (Sat) 09:03 |  REPLY |   

シュトリー  

To mochiさん

mochiさん、返信ありがとうございます。勧めていただいたアニメ見てみますね。私このブログ結構好きですよ。またコメントさせていただきますね。

2017/09/01 (Fri) 22:27 |  REPLY |   

mochi  

高配当株の減配リスクは怖いですよね

こんばんは。シュトリーさん。おひさです。

僕は海外の事はホントよく分からないので、全てインデックス投信で運用しています。
しかも先進国株式・先進国債券以外はバランスファンドで保有という、
気の抜けた投資をしちゃってますね。

高配当株は減配されると、インカム・キャピタルでダブルショックになってしまいますね。
また減配リスクが懸念されているから株価が低くて、
結果一時的に高配当になっている銘柄もあったりしますし、
なにコレ?おいしそう!!って飛びつくと痛い目に遭うことも稀にあります。^^;

NISAは個別株で運用するには制度が煩雑すぎるように感じるので、
僕は来年から積立NISAで運用していこうと思ってます。

今クールのアニメでは「ボールルームへようこそ」も良作だと思ってます。
社交ダンスを題材にしたものですが、話の中にグングン惹きこむ魅力があります。
あとカワイイ系ではプリンセス・プリンシパル、コメディ系ではゲーマーズ!あたりも
なかなか良い感じですね。

ブログの方は日課というか惰性というかそんな感じで続けています。
日中ネタを考える余裕なくマンネリ化してしまっているのが心苦しいです。 ^^;

コメントありがとうございました。

2017/09/01 (Fri) 22:20 |  REPLY |   

シュトリー  

こんばんは。お久しぶりです、シュトリーです。ブログ更新お疲れ様です。いやー新興国の投資信託ってどれ選べば良いか本当に悩みますよね。まあ新興国といえば私の持っているマレーシア株のYTLパワーインターナショナルが前年よりも配当が半分になり株価右肩下がりで震えが止まりませんよ(笑)しかもこの株高配当狙いで今年NISA枠で買ったのですが10月に50株に対して1株割り当て?があるらしく、どういう訳かその直前にNISAから特定口座に払い出しされるらしいです・・・因みに配当金はその後に出ます・・・
高い配当に課税されたくないからNISAで買ったのに配当出す前に特定口座に払い出されたら意味ないじゃんっ!!!しかももう高配当じゃないしっ!!!・・・すみません、取り乱しました・・・(笑)

最近は1~2年位前のアニメを見ていて今クールのアニメは賭ケグルイだけしか見ていないのですが天使の3P面白そうですね。ちょっと見てみます。それと遅ればせながらブログ開設4周年おめでとうございます。何事も4年も続けるのは中々出来ることではありません。今後共ブログ楽しみにしています。

2017/09/01 (Fri) 20:08 |  REPLY |   

Post a comment