2017年8月募集分の個人向け国債を購入&利子をいただきました。 ~ 円高&株安で長期金利は再び低下傾向にあるようです ~

賭ケグルイ 早乙女芽亜里 照れる 目をそらす 20170815-saotome-meari_s.jpg

(べ、別に個人向け国債の利子に期待なんてしてないわよ。)


2017年8月募集分の個人向け国債変動10年を購入。

 8月募集の個人向け国債変動10年の初回利率は今や恒例となりつつある0.05%です。

 個人向け国債の積立額が1,000万円に到達したことで、先月から20→10万円へと金額ペースを下げて購入注文をしています。

 以前はマネックス証券の個人向け国債購入キャンペーンは月によってやったりやらなかったりと安定しておりませんでしたが、ここ最近は連続して行われています。

 同キャンペーンは1万円の少額購入からキャッシュバックがあるのが特長で、10万円を購入した場合10万円×0.15%=150円のキャッシュバックが貰えます。

 今月は北朝鮮リスクやトランプ政権への懸念から円高・株安が続いており、それを背景として直近の長期金利は0.02%にまで低下しております。
 依然として高すぎる物価目標を抱えたままの日銀の金融政策は今後も続くであろうと考えられ、各国の中央銀行が緩和縮小やバランスシート縮小に動き始めようとしているなか、ますます出口戦略が難しくなってくるのではないかと思ってしまいます。


今月15日に個人向け国債変動10年の利子として。

 マネックス証券口座で305円(税引後)の利子をいただきました。

 2014年~2016年の1月・7月に購入した個人向け国債計150万円分の半年分の利子になります。

 今やネット銀行などの定期預金金利の方が高い状態となってしまっていますが、銀行の定期預金金利も低下傾向にありますし、その差も徐々に縮まりつつあります。

 いずれにしても価格変動のない安全資産による利子収入の差よりも、ペイオフや預け直しなどの管理コスト面を考慮した方が良いと考えることもできる水準ではないかと思ったりもします。

 安全資産とリスク資産では性質が異なるので単純比較することはできませんが、手間暇をかけて安全資産からのリターン向上を目論むよりは少額でもリスクをとって投資し、その一方で安全資産は運用というよりは保管することを重視する割り切りもアリかなと思っています。


今日のアイキャッチ画像は。

 「賭ケグルイ」から、早乙女 芽亜里(さおとめ・めあり)ちゃんです。

  この作品の中ではヴィジュアル的に…というかキャラ属性として個人的に芽亜里ちゃんが一番好みだったりします。

 放映当初は多少引き気味に感じていた彼女達の「悪い表情」にも最近ようやく慣れてきた気がします。
 とはいえ、原作がああいう感じなんでしょうし確かにインパクトがあるのも理解できるんですが、もう少し艶気を感じられるような作画表現して欲しいという思いは残ります。
 同じギャンブラーでも、夢子ちゃんが単純にスリルを求めるのに対して、芽亜里ちゃんはリスクとリターンを意識しているふしがあります。
 株式投資に向いているのは芽亜里ちゃんだと思いますが、きっと詐欺まがい煽りやインサイダー取引に終始してそうな気もします。
 夢子ちゃんはFXとかで雇用統計発表直前にハイレバでポジションを取るタイプでしょうか。

 ともあれ。僕もポチになって芽亜里ちゃんのお尻に敷かれたいです。

個人向け国債賭ケグルイ早乙女芽亜里

0 Comments

Post a comment