優柔不断な僕でも投資を続けることができています。

はじめてのギャル:八女ゆかな誘惑20170730_yame_yukana_s.jpg

(あんたは何もしなくていいの。あーしが全部してあげる)


我思う故に我あり。

 僕個人としては、投資家というものには人並以上の判断力や決断力といった素質が必要なんだろうと思ってます。

 われ思う故に周りがどう見ようが自身が投資家だと思っていれば自称投資家ということにはなるんでしょうが、僕としては自称することさえも少々気兼ねしてしまうところもあります。

 ただその内には、自称投資家と公言することに何らメリットもないのに、それによって余分な批判を浴びることを避けようとする自己防衛の意識が強く働いていると思われるわけで、「気兼ね」というよりも「気恥ずかしい」という表現が正確かもしれません。

 そういうこともあって「アナタは投資家か?」と問われると、きっと僕は答えに窮してしまうことになるんだろうと思います。
 そんなことを聞いてくる人は今のところいませんけど。

 とはいえ、ブログのプロフィール欄ではアクティブ投資家を名乗っていたりするわけですが、匿名ブロガーというペルソナを被ることでそういった心理的な負担が和らいでいるんだろうと考えています。
 まぁ。このブログの場合は投資家云々の前にもっとヤバい感じの恥ずかしさも内在していたりするわけですが…

 ともあれ。
 少なくともリアル世界での僕は、隠れキリシタンならぬ「隠れ投資家」であり「隠れアニメオタク」だったりするわけで。
 現実世界における会話の中で投資やアニメに関するような話題が出てくるといった、踏絵のような場面に出くわすことも全くないではありませんが、長い中二病生活によって養われた「興味がないフリをしながらもじっと聞き耳を立てる」といったスキルを駆使することでその罠から逃れることができています。


選べないし決められないし実行できない…

 僕のこれまでの投資行動を見てきている読者の方がいらっしゃたらご存知だとは思いますが、投資において自分の優柔不断さに辟易してしまうことが多々あります。それどころかその性格にたいして諦めの極致に達している感もあります。

 よくブログの中で、「もし○○のような場面があったら××しようと思ってます。」とか書いていたりするんですが、まぁめったに××できたためしがないですね。
 妄想するのだけは得意なんですが…

 実際の所、投資に限らず今までそういう決断力に乏しいまま人生を歩んできてしまっているわけで、それでもそこそこの生活が出来ているわけですから今更仕方のないことなんですけど。

 そんな僕でもこうやって投資を続けていられるのも、主になる投資手法としてインデックス投信の自動定期積立を行っているからだと思ってます。
 銘柄を選ぶ必要もなく、購入時期を決める必要もなく、勝手に購入してくれる。
 思考停止と揶揄されることもあるわけですが、どんなに思考していたっていざとなると動けない僕みたいな人間にとっては、まずまず有効な投資手法だと思います。

 とはいえ、今はアベノミクスでの上昇相場が続いており、自分の中でかなりプラス方向にバイアスが掛かっている思考結果という部分もあったりすると思われますので、精神面を含め十分すぎるほどのリスク許容度をとって投資していますけど。

 投資家としては向かない性格ですが、それなりの投資手法や向き合い方ってのがあるとは思うわけで、皆が羨むような輝かしい成果は期待できないものの、そこそこの成果は目指せるとは思ってます。

 それでもまず最初に「投資を始める」という決断だけは必要ですけどね。


今日のアイキャッチ画像は。

 「はじめてのギャル」から八女 ゆかな(やめ・ゆかな)ちゃんです。

 今期のエロアニメ枠作品ですね。

 AT-Xでは規制解除されているものが放映されているらしく、ネットでそれらキャプチャー画像を見てみましたが…あえて規制するようなものではないような気がします。
 変に線を書き込んだりしないで、そのままパンツ見せてくれればいいのに。と思ったりしますが、円盤を売るための演出ということなんだろうと思います。

 妄想を掻き立てるような演出という意味ではイマイチではありますが、過去エロアニメ枠の作品の中では比較的ライトな方ですし、ストーリーとしては学園ラブコメが中心になっており作画も良いように感じます。

 それだけに見せるなら見せる。見せないなら見せない。をハッキリさせて、ストーリー展開と作画で魅せていった方が良かったんじゃないかな?と個人的に思っています。

投資思想はじめてのギャル八女ゆかな

0 Comments

Post a comment