2017年4月のニッセイ外国株式インデックスの積立状況 ~ ニッセイの資金流入に陰りが…? ~

エロマンガ先生:和泉紗霧半ギレ20170419_izumi_sagiri_s.jpg

(もっとニッセイに み・つ・い・で!!)


ニッセイ外国株式インデックスファンドの定期積立。

 先週ニッセイ外国株式インデックスファンドへの自動定期積立が行われました。
 同投信はマネックス証券にて、指定日を15日に設定し10,000円/月で積立しています。

 また先進国株式クラスの資産としては、たわらノーロード先進国株式も保有しています。昨年末にNISA口座のfunds-i外国株式インデックスをリレーをした分です。

 今のところ定期積立用にニッセイ外国株式を、スポット投資とかリバランス投資用にたわら先進国株式で運用している状況です。


ニッセイ外国株式インデックスファンドの積立状況です。

(基準価額は4/21のものです)
ニッセイ外国株式インデックスF
基準価額¥12,915 
平均取得価額¥11,534 
保有口数403,177 
投資額¥465,000 
評価額¥520,679 
評価損益¥55,679 
評価損益率12.0% 

投資成績ニッセイ外国株式20170421_s
(※クリックで大きくなります。)

 前回積立後から円高が進み、4月に入ってからは地政学リスクも材料にされ、円高株安になっている状況です。

 4月15日のイベントを通過し北朝鮮リスクが少し和らぎ反発したところでの積立となりました。
 前日・翌日と比べて1%以上も高くなっているところを掴まされた形で、あまり良いタイミングとは言えないですね。
 積立の1万円分だけの話なので大勢にほとんど影響はないわけですが、気分的に損した感覚が未だに抜けきれなかったりします。

 円高株安がかなり進んだような感覚があったりするのですが、こうしてグラフで見ると基準価額としては1月末と同じレベルぐらいです。
 そう考えると、今はまだトランプ期待が剥落したというにはほど遠いレベルの微調整なんだろうと思えます。


たわらノーロード先進国株式の運用状況です。

(基準価額は4/21のものです)
たわらノーロード先進国株式
基準価額¥10,536 
平均取得価額¥10,761 
保有口数185,857 
投資額¥200,000 
評価額¥195,817 
評価損益¥-4,183 
評価損益率-2.1% 

投資成績たわら先進国株式20170421_s
(※クリックで大きくなります。)

 こちらは昨年末にNISA口座からのリレー以降はほったらかしの状態になっております。

 現在は含み損状態になっておりますが、ニッセイを定期積立していることもあって、押し目だ!とか言ってスポット投資するほどの状況でもありません。

 ただニッセイを合わせた評価額全体としては3月よりも1万円ほど減少しているように思えるので、月末の資産評価の状況によっては下落分の補充程度にはスポット購入しておくことも考えています。


ニッセイ外国株式とたわら先進国株式の資金流出入比較。

 ニッセイ外国株式とたわら先進国株式の資金流出入の推移も定期的に観測していこうと思ってます。

 まずは昨年2016年11月~今年2017年4月21日までの推移をグラフ化してみました。

ニッセイたわら資金流出入額20161101-20170421

 昨年のニッセイの乖離問題が話題になった後や、たわら先進国株式の実質コストの方が優れていることが判明した後でも、相変わらずニッセイの資金流入の方が多かったりするわけですが。

 4月に入ってから少々その傾向に変化が見え始めているようにも感じます。

 そこで2017年4月の分だけを抽出してグラフ化してみますと、こんな感じになっています。

ニッセイたわら資金流出入額20170403-20170421

 今までですとニッセイの方がたわらの約3倍程度の資金流入が見られていたのですが、それが約2倍程度にまで鈍化しているように感じます。
 ニッセイ⇒たわらへの積立先の切り替えが徐々に進んできているようにも思われます。

 またその一方で、オレンジ色の円で指し示しているところでは、ニッセイの資金流出している日にたわらの資金流入が増加していたりします。
 これだけでははっきりしたことは言えませんが、個人的にはトランプ相場が一段落したところでニッセイ売却⇒たわら購入といった資金移動の兆候が表れている可能性があると感じています。

 このような傾向が今後も続いていくのか?
 ニッセイ外国株式の積立報告と合わせて定期的に監視していこうと思います。


今日のアイキャッチ画像は。

 「エロマンガ先生」から、和泉 紗霧(いずみ・さぎり)ちゃんです。
 
 半ギレした時に肺活量足りなくて息切れしちゃう紗霧ちゃんがとても愛おしいです。
 こういう細かいところの演出が好きです。

 絵を書いている時のノリノリでハイテンションになっている紗霧ちゃんがとてもキュートで、その微笑ましい光景をずっと眺めていたいです。

 エンディングでリズムをとったり踊ったりしながら洗濯が終わるのを待っている紗霧ちゃんに最初違和感のようなものを感じていたんですが、第3話での動画配信している時の紗霧ちゃんを見てたらあれが彼女の本来の姿なんだと思いました。

 しかしさすがラノベ主人公。
 サブヒロインとはいえ意識せずに攻略していきますね。
 まぁ。相手がチョロインだというのも多分にあったりするのですけど。

 それに比べると紗霧ちゃんの攻略難度は高すぎですね。
 素直になってくれるだけで良いのですが、それがまた一番難しかったりするわけで。
 でもそんな頑なな紗霧ちゃんもまた魅力的だったりするわけで。
 そもそも。とんとん拍子じゃ物語になりませんしね。


投資成績ニッセイ外国株式インデックスファンドたわらノーロード先進国株式エロマンガ先生和泉紗霧

0 Comments

Post a comment