2017年3月末の資産評価と4月の資産運用予定 ~ 平々凡々な投資が続く ~

クズの本懐:皆川茜微笑20170326_minagawa_akane_s.jpg

(時が経つにつれ、みんな平凡に落ち着いていくのよ。)


2017年3月末の資産評価

 3月は米国FOMCが利上げを発表したわけですが、織り込み済みってやつなのか?それともトランプ大統領の経済的政策がなかなか見えてこないからか?
 月後半は以前に比べて少し円高傾向で推移しました。

 株式市場もちょっと一服といった感じで、日本株は機関投資家の期末清算ということもあってか日米株式市場は調整をしている感じです。


リスク資産の詳細と推移です。

(※預貯金や個人向け国債は含んでおりません)
201703資産状況詳細

201703資産推移

 トランプラリー相場での過熱感から、今年に入ってからはバランス型ファンドの世界経済インデックスを売却し、その分を他投信に積立に充てるといった形で、資産移行を兼ねて投資元本調整を行っております。

 個人的な感覚としては、株価水準は変わらないものの、時間が経過するにつれて過熱感は薄れていっているように感じています。

 ただ先日に英国のブリグジットが正式に発表されましたし、未だトランプ政権の政策実行性も不安視されているところもありますので、引き続き現在の投資スタンスを継続するつもりでおります。


リスク資産のアセットアロケーションです。

201703アセットアロケーション

 今年から昨年末との対比を表せるようにドーナッツ型の円グラフを用いています。

 世界経済インデックスファンドを売却して各資産に振り分けているため、ヘッジ無のバランス型が1%ずつ減少して、その他の資産のいずれかが1%増加するかしないか程度の変化となっています。

 2月に対して先進国株式クラスがグラフ上1%増加して表示されていますが、実際は少数点レベルでの変化でしかありません。
 バランス型ファンドの中身を分割したアセット詳細では1月から変化なしとなっています。

 過去統計に基づくリターン・リスク特性は以下のとおりです。
【2003/03/31~2017/02/28】
 リターン  7.2%(年率)(前月比:+0.0)
 リスク  13.7%(年率)(前月比:+0.0)

 為替ヘッジ型が混じっているということもあり、野村インデックスファンドfunds-iのHPにある投信アシストのポートフォリオ分析で計算しています。

 現時点で、想定される年間最大損失額は、評価額基準で約65万円。
 投資元本基準でみて約18万円の元本割れと見積もっています。
 ただし、過去2003年から最大下落率は-41.5%であり、リーマンショック級の金融危機が訪れた場合の損失はこの限りではありません。

 ・・・て、2月末とほとんど同じことを書いてますね。
 でもそれぐらい変化のない状態なんですよね。


リスク資産のポートフォリオです。


資産クラス商品種別商品名資産比率損益率
国内株式個別株 富士宮応援ファンド7.4%  46.0% 
 インカムゲイン株17.6%   66.9% 
先進国株式投資信託 ニッセイ外国株式インデックス16.5%  15.7% 
 たわらノーロード先進国株式6.3%  1.0% 
先進国債券投資信託 funds-i外国債券インデックスH有5.2%  -1.5% 
バランス投資信託 iFree8資産バランス29.6%  7.5% 
 funds-i内外7資産バランスH有14.9%  6.0% 
 世界経済インデックス2.6%  7.9% 

 3月は末日比較ではヨコヨコ推移だったため、2月と比べるとほぼ投資元本変動分の変化しかありません。

 途中為替が110円割れを試すような動きもありましたけど、終わってみればいわゆる「つまらない相場」だったとも言えます。


3月の資産運用内容

●投資信託
 【特定口座分】
 ・ニッセイ外国株式インデックス
 10,000円
 定期積立
 ・funds-i7資産バランス・ヘッジ型
 10,000円
 定期積立
 ・iFree8資産バランス
 10,000円
 定期積立
 ・funds-i外国債券インデックス・ヘッジ型
 10,000円
 定期積立
 ・世界経済インデックスファンド
 40,000円
(+3,038円) スポット売却

 【NISA口座分】売買無し

●日本株
 ・【7722】国際計測器
10株
 8,989円(+299円)売却



2017年4月の資産運用予定

【自動定期積立】(10,000円/月)
  ニッセイ外国株式インデックス
  iFree8資産バランス
  funds-i内外7資産バランス・ヘッジ型
  funds-i外国債券インデックス・ヘッジ型

【売却】
  世界経済インデックス 40,000円/月

 計画されているだけの「つまらない投資」を続けます。

 投資に対してつまらなさを感じている時でも、普通に投資を続けられるところが、インデックスファンドでの積立投資の良いところなんだろうと思います。


今日のアイキャッチ画像は。

 「クズの本懐」から、皆川 茜(みながわ・あかね)先生です。

 とっても美人さんでスタイル抜群なんですけど、誰とでも寝ちゃうビッチな音楽教師です。

 自我というものが薄いんでしょうか。
 人から必要とされることで、ようやく自身の存在を自覚することができるといった感じです。

 きっとその場の雰囲気に流されながら、今まで生きてきたんでしょうね。
 ・・・うっ、なんか胸がズキズキする。

 鐘井先生のよく分からない押しに負けてオトされてしまうわけですが、鐘井先生としては幼い頃に亡くした母と皆川先生を重ねているふしもあったりして。

 結局は皆川先生も誰かの代わりだったりするのかもしれない…とか。
 二人の幸せへの嫉妬から意地悪なことを考えちゃったりします。


資産状況クズの本懐皆川茜

0 Comments

Post a comment