「インチキ」という言葉について調べてみた。

亜人ちゃんは語りたい:日下部雪アウト20170312_kusakabe_yuki_s.jpg

(インチキはダメですよ。)


世の中にはインチキが溢れている…

 この世の仕組みは難しすぎて、何が本物で何が偽物なのか?
 僕にはさっぱり分からない時が多々あったりします。

 世の中にインチキが溢れていると見えるのは、それは僕の頭が狂っているからか?世界が狂っているからか?
 お互いが狂っていれば少しは正常に見えてくるものなのかもしれませんが、もっと歪んで見えてしまうのかもしれません。

 そんな悪意に満ち満ちた世界から自分を護るために、今日は「インチキ」というものについて調べてみました。


インチキの語源

 そもそも「インチキ」という言葉はどのようにしてこの世界に表れ、使われるようになったのか?

 ネットの語源由来辞典【インチキ】の項には要約として以下のような内容が書かれています。


 明治時代の賭博仲間の隠語。
 不正手段を用いた詐欺的賭博のことを意味した。
 昭和に入ってから一般普及し、それまでは「イカサマ」が広く使われていた。

 インチキの「イン」は「イカサマ」から由来し、「イカ」が変化したもの。
 「チキ」は「高慢ちき」「とんちき」など人の状態を表す「ちき」からきたものとされる。
 有力ではないが、福井の方言で人を騙すという意の「いんつく」が転じたものとする説もある。


 言葉の由来とかで、よく○○が変化したものとかあるんですけど。
 おまえらテキトーに似たような言葉を持ってきてつけてるだけじゃなんじゃねーのか?
 さすがに「イカ」「イン」になったりしないだろう。な~んてことを思ったり思わなかったり…

 まぁまぁ。とりあえず「イカサマ」という言葉が関係しているようですから。
 この「イカサマ」という言葉についても調べてみましょう。

 同じく語源由来辞典【イカサマ】の項の要約としては。


 「イカ」は「如何に」などで、「サマ」は状態を意味する「様」である。
 合わされて「如何様」となった。
 元は「どのように」の意で使われていたが、「いかにもその通り」という意味に転じた。
 そこから「いかにも本物だと思わせるようなもの」を意味するようになった。


 ・・・なんともこの説明自体がイカサマのように思えてきますし、いかにも何様だと言うような断定的な言い回しが気に食わないですね。
 仮にダジャレだったとしても全然面白くもないですし。

 有象無象が溢れるネットの情報など、所詮こんなもんなんだろうと思います。
 グーグル先生が日本人だったら、もう少しマシな答えを見つけてきてくれたのかもしれませんが。


自分で考えてみた

 というわけで、「インチキ」という言葉の成り立ちについて、自分で考えてみることにしました。

 僕が考えるに、インチキ自体がマイナスイメージを連想させる言葉ということをふまえると、「イン」の部分は「陰」もしくは「隠」から来ていると思うんですよね。

 ここは「インテリ」や「インターネット」にも通ずるところがありそうで、陰チキとか陰テリとか陰ターネットとか・・・

 ほらね。
 とてもしっくりくる感じがするでしょう。ほぼこれで間違いないと思います。


 次に「チキ」の部分ですが。
 インチキで騙されるのはアホですが、騙す方は頭が悪くちゃできないと思うんですよね。
 また相手の心や場の空気を読んだりして、タイミングを見てフッと甘言をたらしこんだり。
 人を騙すための知恵と機微をとらえる感覚に優れた人間じゃないと、インチキの使い手にはなれないと思うんです。

 そう知恵と機微で「知機」=「チキ」が必要ということです。


 以上のことがらを総合的に考えると、「インチキ」=「陰(隠)知機」となります。

 公には明かされることのない、古来より隠されて伝えられてきた知恵と機微の秘術。

 これこそが「インチキ」の語源であり本来の意味だったのです。
 だったんですっ!!


今日のアイキャッチ画像は。

 「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」から、日下部 雪(くさかべ・ゆき)ちゃんです。

 ヴァンパイアとかは関係なくとにかくハイテンションなひかりちゃんや、デュラハンとしての見た目そのものが物理学への挑戦ともいえる京子ちゃんと比べると、どうしても普通に見えてしまうちゃんです。

 雪女という見た目には分かりにくい亜人特性に加え、実はダジャレ・下ネタ愛好家というこれまたわっかりにくい設定のために、ますます普通に見えてしまいます。

 実際のとこ、彼女が勝手に自身の亜人特性を意識しすぎていただけで、ほぼ普通の人間と変わらないんですけどね。

 先日本作も最終回を迎えてしまいましたが、ED曲「フェアリーテイル」が今期作品の中で一番好きでした。
 ED曲を歌っている3月のパンタシアは、「キズナイーバー」のED曲「はじまりの速度」も良かったですね。

 

スポンサーサイト



日常亜人ちゃんは語りたい日下部雪

0 Comments

Post a comment