2017年3月のニッセイ外国株式インデックスの積立状況 ~ 円高株安キタッ!?…と思ったらたいして下がっていない件 ~

小林さんちのメイドラゴン:カンナマッチ売り20170320_kanna_s.jpg

(たわら、たわらは要りませんか? 誰かたわらを買って下さい・・・)


ニッセイ外国株式インデックスファンドの定期積立。

 1週間程前にニッセイ外国株式インデックスファンドへの自動定期積立が行われました。
 同投信はマネックス証券にて、指定日を15日に設定し10,000円/月で積立しています。

 また先進国株式クラスの資産としては、たわらノーロード先進国株式も保有しています。昨年末にNISA口座のfunds-i外国株式インデックスをリレーをした分です。


ニッセイ外国株式インデックスファンドの積立状況です。

(基準価額は3/23のものです)
ニッセイ外国株式インデックスF
基準価額¥13,104 
平均取得価額¥11,507 
保有口数395,419 
投資額¥455,000 
評価額¥518,148 
評価損益¥63,148 
評価損益率13.9% 

投資成績ニッセイ外国株式20170323_s
(※クリックで大きくなります。)

 なんだかよく分かりませんが、米国FRBによる利上げ発表から円高傾向にあるようです。
 それに加えて最近は米国株式市場も少々弱気な感じになっています。

 トランプ政権の政策実現性に懸念が・・・という話しも出ていたりして、えっ?何をいまさら的な感じではありますが、この金融マーケットというのはそういう世界なので。

 というわけで、グラフの端っこの方で見えづらいのですが、積立直後に基準価額が急降下しております。

 まぁまぁ。僕ぐらいの投資家レベルになると、こんなことで、高い所を掴まされたぁ!!なんて言って騒いだりすることはありません。
 ホントですよ。

 逆に、やっと円高・株安場面がやってきたっ!!とか言って歓喜するわけです。
 う、うそじゃないんだからねっ!

 ・・・とか思ったりしてたんですが、よく見たらたいして下がってませんね。
 僕の感覚だと、まだまだ調整の範囲で、スポットで追加投資をしたりするようなレベルには程遠い感じです。


たわらノーロード先進国株式の運用状況です。

(基準価額は3/23のものです)
たわらノーロード先進国株式
基準価額¥10,690 
平均取得価額¥10,761 
保有口数185,857 
投資額¥200,000 
評価額¥198,680 
評価損益¥-1,320 
評価損益率-0.7% 

投資成績たわら先進国株式20170323_s
(※クリックで大きくなります。)

 こちらは定期積立での運用ではなく、今のところスポット投資での運用を考えています。

 評価額が下がった分をスポット投資していこうかなと思っていたりするのですが。

 年1回とかの定期的なリバランスのタイミングでそういうことをやっていくのか?
 それともなんらかの理由で下落相場がある程度続いたところでか?
 いまだ決めかねているところもあったりします。

 おそらくはその時の気分しだい・・・という結果になるんじゃないかと思います。

 NISAと違って時間制限があるわけではないので、テキトーにやってても、そのうちなんとかなるんじゃないかとは思ってるんですけどね。


今日のアイキャッチ画像は。

 「小林さんちのメイドラゴン」から、カンナちゃんです。

 カンナちゃんは正式にはカンナカムイという名前です。

 カンナカムイはアイヌの伝承に出てくるカムイ(神)の1柱で、雷の神様でとされています。
 稲妻から連想されたのか?巨大な蛇や龍だという説もあるようです。

 またカンナちゃんの出身地とされているウシシル島は、千島列島の一つでアイヌ伝承で聖地とされています。

 他のドラゴンと異なり積極的に人と交わろうとする性格は、そういった神性を持っている所から来ているのかもしれませんね。


投資成績ニッセイ外国株式インデックスファンドたわらノーロード先進国株式小林さんちのメイドラゴンカンナ

0 Comments

Post a comment