2017年2月のブログ運営の状況 ~ 記念硬貨バブルが終焉を迎えました ~

亜人ちゃんは語りたい:小鳥遊ひかりバレンタイン20170304_takanashi_hikari_s.jpg

(迷えるアナタに愛情一本?)


2017年2月のアクセス数とPV数。

FC2アクセス解析のデータをもとにしています。

 アクセス数: 7,912件(前月比-2,351)
 PV数  :15,696件(前月比-3,099)

 累計アクセス数:258,727件
 累計PV数  :477,399件


 そしてこれまでの推移です。

ブログアクセス状況201702


 オリンピック記念硬貨のアクセスバブルがついに弾けたようで、アクセス数が激減していますが、ブログの趣旨(そんなものがあったの!?)から外れていたところでの数値でしたので、やっと落ち着いてきてくれてなんとなくホッとした感じもなきにしもあらず。

 でも、記念硬貨関連記事に貼り付けていた東京オリンピック関連グッズのアフィリエイトで、3万円というプレミア価格で販売されていたオリンピック記念硬貨を2枚も買ってもらってました。
 金額がそれなりなので、過去累計金額を超える紹介料をいただけました。とはいっても現金化できる金額にはまだまだ遠いですが。
 もしまた発売されることがあったら、今度は最初からチャレンジしてみたいと思ってます。まぁ今回はちょっと出来すぎな感はありますけど。


統計確率とか。。。

 最近、金融工学における統計確率とかいうものに少し興味を持ち始めて、たまにKapokさんのサイトをはじめネットで勉強させてもらったりしているのですが、難しい数式が出てくるとつい読み飛ばしてしまいます。
 ・・・勉強になってねぇ

 まぁ。僕の場合は、現実には存在しないであろう「たった一つの冴えたやり方」を求めて彷徨うただの中二病患者に過ぎないんですけど。
 仮にそういったものがあったとしても、きっとその「冴えたやり方」「冴えない僕」は気づかないままなんだろうなぁ。
 なんて。最初から自分の中で諦めの逃げ道を用意しちゃってる時点でダメなんでしょうけどね。

 統計確率のことをネットで調べていると、よくサイコロの目のお話が出てくるんですが、各目の確率は1/6とか、1~6を合計した平均で期待値が3.5になるとか、そういったことは理解できるんですが。
 何回も繰り返すことで出た目の平均値は期待値に近づいて来る・・・大数の法則とか?。

 僕の中にあるイメージとしては、そんなわけないじゃんとか思っちゃうんですよね。
 コンピュータが作り出す乱数は規則性があるから、何千・何万と繰り返すことで、全ての数値が平均的に出てくるようになっているだけで。
 現実的にはサイコロが過去の出目に影響されるようなことはないんだから、きっとバラツクんだろうと思うんですよね。
 実際に何千・何万とサイコロを振ってみたわけじゃないんで分かりませんが。

 とはいえ、僕の感覚としては、経済や人の活動というものが過去から連続した時間軸上にあるかぎりは、なんらかの因果的相関をもって成り立っているんじゃないかと思えるわけで、サイコロの目と一緒くたに考えるのはどうかと思うわけで、ああいった学問も全くあてにならないってわけでもないかと思えるわけで。

 まぁ。為替なんかは各国の力関係をベースとした経済政策に左右されたりするわけで、経済という名のサイコロは結構インチキされてるよなぁ。とか思ってみちゃったりして。
 そんな感じで、一向に入口にさえ辿りつかないで迷子になってたり。

 先月のバレンタインデーに会社でチオビタドリンクを頂いたんですが、コンビニでそれ用にリボンのラッピングされたものが売られていたみたいです。
 恵方巻きなんかもそうですけど、ホントよくいろいろ考えてくるよなぁ。と彼らの商魂たくましさにほとほと感心してしまいます。
 人の欲が介在する経済という生き物には、きっと数字で表せない+αのリターンがあるんじゃないかと妄想してしまいます。


今日のアイキャッチ画像は。

 「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」から、小鳥遊 ひかり(たかなし・ひかり)ちゃんです。

 時々、高橋先生のデミの性質に対する分析とか見解が出てくるんですが、僕はそういうどーしょもなく役に立たない話が大好きだったりするんですよね。

 これはこの作品の亜人に限らず、ファンタジー世界におけるエルフやドワーフとかいった亜人種はもとよりドラゴンやスライムなどの怪物、魔法の作用効果についてとか。
 別に知識として覚えたいとか人に話をしたいとか、そういうのはなくて、ただ読みたい聞きたいだけなんですけどね。

 もしかすると僕の金融工学への興味は、こういったことに対しての興味の延長線上にあったりするかもしれません・・・つまりは現実逃避の一種?


ブログ運営亜人ちゃんは語りたい小鳥遊ひかり

0 Comments

Post a comment