しずぎんインターネット支店の倒し方、知ってます

しずぎんインターネット支店で1ドルを預金した時に
知ってしまったのです・・・倒し方を。

しずぎんインターネット支店で外貨預金口座を開設すると、
「計算書」というのが封書で送られてきます。
口座開設しましたよ。ってことで送られてくるようです。
この計算書には200円の収入印紙が貼られています。

ネットバンクなんだから、
こんなんいらんだろうと思いながらも、
さすがしずぎん。キッチリした会社だ。
と感心もしてしまうわけです。

で、次に1ドルを預金します。
すると、今度は「外貨預金お預かり明細」
ってのが封書で送られてきます。
それにもまた、200円の収入印紙が貼られて・・・

おそらくこれからも1ドル預金する度に
200円の収入印紙が貼られて、送られてくるんだと思います。

えぇ!?もろ赤字じゃねぇ?
郵送代とか手間賃も込みだと300円ぐらいかかってない?

なんか余分に手数料を取られてるんじゃないか?と
残高確認したけど、今のところ為替手数料のみでした。

それに外貨預金のインターネット受付は、
あくまでもバッファだけで、実処理は手作業っぽい気がします。

1ドルだけ預金って想定外の行動なのかもしれません。
確かに窓口では絶対やらないと思うし。

そこで、毎日1ドルずつインターネット支店で積み立てすると、
年間営業日数がざっくり200日と考えて、
1年間で200日×200円=40,000円を、
しずぎんから国へ寄付(納付)させることできます。

1万人ぐらいで、毎日1ドルずつ積み立てをしていくと、
しずぎんから国へ年間4億円が寄付(納付)されることになります。
たぶん1日で工数的にパンクすると思いますが。

こういうのもサイバー攻撃というのだろうか?

あっでも、本気にしてやらないで下さいね。
ブラックリスト入りになること確実なので。

それに僕のメインバンクなので。確定拠出年金もやってるし。

0 Comments

Post a comment