2016年10月のfunds-i外国債券(為替ヘッジ)の積立状況 ~ 米国利上げで債券暴落? ~

魔法少女育成計画:スイムスイム飛び込む20161026_Swim_Swim_s.jpg

(債券安の荒海へダイビング)


funds-i外国債券(為替ヘッジ)の定期積立。

 既に先月の積立になってしまっておりますが、10月中旬にfunds-i外国債券(為替ヘッジ)の定期積立がされました。

 マネックス証券にて、他投信同様に指定日を15日に設定して、今年3月から10,000円/月で積立しています。
 今月は営業日に関係もあって18日の基準価額が適用されています。

 本投信への投資もそろそろ引き際だろうと考えています。
 ・・・などと先月の運用報告で言っておきながら、なんとなくそのまま積み立てを継続してしまっております。


funds-i外国債券(為替ヘッジ)の積立状況です。

(基準価額は10/28のものです)
funds-i外国債券・為替ヘッジ型
基準価額¥11,272 
平均取得価額¥11,353 
保有口数70,466 
投資額¥80,000 
評価額¥79,428 
評価損益¥-572 
評価損益率-0.7% 

投資成績funds-i外国債券(為替H)20161028_s
(※クリックで大きくなります。)

 今月に入ってからズドーンと下がっております。
 とは言っても、債券ですから値動き自体はおとなしいんですけどね。

 米国FRBによる年内利上げの観測が高まるにつれ、米国債の金利が上昇(価格は下落)しているのもあるのですが、今月は欧州でもドイツ国債を中心に売られており、先日GDPが予想を超えるなどしたイギリス国債も下落したことなど、積立後も順調に下落を続けちゃってますね。

 売り時を逃してしまった今に至っては、まだ少額ですしジタバタしたところで仕方がありませんので、逆張り的に債券下落についていってみようと思ってます。

 そのうちヘッジコストとの相殺利回りが、プラスになってくるのではないかと期待しているのですが、未だに行き場を失ったままの国内生保や金融機関のお金が、ますますヘッジ付き外国債券に流れ込んでくることで、ドル調達コストが一段と嵩む可能性もありますね。

 株式クラスとの相関関係ですが、最近の利上げ懸念をめぐっては、外国株式と似たような動きになってきている感じがします。

FOY4TEV6.png

青:funds-i外国債券(為替ヘッジ) 01314139
赤:funds-i外国株式(為替ヘッジ) 01314135


今日のアイキャッチ画像は。

 「魔法少女育成計画」から、スイムスイムちゃんです。

 なんか「狐×僕SS」カルタちゃんを連想させるような、ボーっとしている感じのスイムちゃんですが、かなりの策士だったりします。

 本人はそのことを自覚してないようですが、感情が乏しく素直な分、余分なことは考えずに淡々と目的を達成しようとする行動は、AIに近いものがあるかもしれません。


投資成績funds-i外国債券(為替ヘッジ)魔法少女育成計画スイムスイム

0 Comments

Post a comment