2016年10月のバランス型ファンドの運用状況 ~ なんだろこの違和感・・・ ~

ガーリッシュナンバー:烏丸千歳疑う20161023_karasuma_chitose_s.jpg

(含み損がないと、しっくりこない?)


バランス型ファンドの定期積立。

 先々週にバランス型ファンドの定期積立が行われました。

funds-i内外7資産バランス 10,000円/月
iFree8資産バランス   10,000円/月

 マネックス証券にて指定日を15日に設定して、10,000円/月で定期積立してます。
 今月は営業日の関係で18日の基準価額が適用されています。

 どうしてよいか分からないまま世界経済インデックスファンドも保有しております。

 一昨日のエントリーでも詳細を書いておりますが、先月まではeMAXISバランス(8資産均等型)を積立ていましたが、今月からはiFree8資産バランスへと積立先を変更しています。


iFree8資産バランスの運用結果です。

(基準価額は10/28のものです)
iFree8資産バランス
基準価額¥10,046 
平均取得価額¥9,975 
保有口数751,878 
投資額¥750,000 
評価額¥755,335 
評価損益¥5,335 
評価損益率0.7% 

投資成績iFree87資産バランス20161028_s
(※クリックで大きくなります。)

 おぉ、eMAXISバランスの時の含み損がなくなってスッキリ!!

 でも、しばらく含み損状態に慣れていただけに、積立で平均取得価額が上がってしまう可能性が高くなっていることに、なんとなく抵抗感があったりします。

 ただ最初からこれだけ資産が積み上がった状態ですので、月10,000円程度の自動積立による追加投資の影響はほとんどないわけですが。

 それでも含み損がないことに対する不安定感というか、逆に含み損があることで投資に対する意欲が湧いていたというか、強敵(ライバル)がいなくなったような喪失感というか、なんかこう、いつもの自分でないというか、落ち着かない感じがしてなりません。

 まぁ。リスク資産全体の約25%の移植手術を行ったと考えれば、しばらくは違和感が残るのは仕方がないことでしょうね。

 ちなみに2回目の資産移行と定期積立のタイミングをずらそうかと思ったのですが、あまり意味もないので同日に行われるようにしました。
 また資産移行はeMAXISバランスが損益マイナスだったため、評価額基準でなく投資額基準で行っています。


funds-i内外7資産バランス(為替ヘッジ)の運用状況です。

(基準価額は10/28のものです)
funds-i内外7資産バランス
基準価額¥12,501 
平均取得価額¥12,009 
保有口数265,873 
投資額¥319,284 
評価額¥332,367 
評価損益¥13,083 
評価損益率4.1% 
確定損益(税引)¥-326 
総評価損益
(確定損益込)
¥12,757 

投資成績funds-i7資産バランス20161028_s
(※クリックで大きくなります。)

 10月は先月同様に米国利上げ懸念で少し下がってきたところでの積立です。
 最近の円安による為替差益の恩恵は受けられませんが、だからこそ逆に、外国資産を円安によって割高に購入することがない分、落ち着いて積立ができます。

 米国の年内利上げの環境が着々と整いつつあるなか、金利差拡大で言われているヘッジコスト上昇よりは、需給要因によるドル調達コストの方が気になるところではあります。

 とはいえ、そのヘッジコスト自体が主因となって、目に見えてパフォーマンスが悪くなることはないだろうとは思ってますが、為替ヘッジという機能によって、今のような円安傾向になってきている時に、他投信に比べて見劣りするように見えるかもしれませんね。


世界経済インデックスファンドの運用状況です。

(基準価額は10/28のものです)
世界経済インデックスF
基準価額¥18,589 
平均取得価額¥19,207 
保有口数96,756 
投資額¥185,840 
評価額¥179,858 
評価損益¥-5,982 
評価損益率-3.2% 
確定損益(税引)¥-4,180 
総評価損益
(確定損益込)
¥-10,162 

投資成績世界経済インデックスF20161028_s
(※クリックで大きくなります。)

 結局スポット投資するでもなく、最後の取引から約3ヶ月が経過します。
 このまま保有しているだけもなんなんで、また積立を再開しようかとも思うのですが。

 funds-i7資産バランスは為替ヘッジ型なので特殊事項だとしても、そもそもバランスファンドを3種類も積み立てていることもどうかと思い、積立をやめて撤退戦を目論んでいるわけですから。

 そういえば、この円安で基準価額が回復傾向にあるようです。
 もし為替が再び1ドル110円になってくれれば、損益のプラス転換の可能性も出てくるわけで、 そしたら売却してfunds-i7資産バランスの方へとリバランスしたいなと。
 そういう皮算用というか妄想をしながら楽しむための投信となっています。


今日のアイキャッチ画像は。

「ガーリッシュ ナンバー」から、烏丸 千歳(からすま・ちとせ)ちゃんです。

 またまた、ちー様のアイキャッチになってしまいました。

 でも最近表情がパターン化してきた感じがするので、ちー様ぬり絵の量産化は避けられそうに思います。
 今期はラ・ピュセルちゃんもいるので。

 第3話ラストの「だってそれが求められているんだから」という
百花ちゃんの言葉に、少々胸の痛みを感じます。

 そうなんだよね。
 テンプレートなキャラとか設定とか展開とか言っていながら、それ自体を求めているのは自分自身だったりするんだよね。

 そのことが閉塞感を漂わせ、着実に終点に向かう道だと分かっていても、それを止めることができません。
 人というのは弱い生き物ですね。


投資成績iFree8資産バランスfunds-i内外7資産バランス(為替ヘッジ)世界経済インデックスファンド

0 Comments

Post a comment