2016年5月のNISA口座での投信積立状況 ~ 高い所を掴まされた!? ~

ハンドレッド:如月カレンがぉ20160513_kisaragi_karen_s.jpg
(変に誘惑しないでくださいっ ガゥガゥ!)


2016年5月のNISA

既に1週間以上経過してしまっておりますが、
先週5月分のNISA口座での定期積立が行われました。

NISA口座はスルガ銀行で開設しており、積立指定日を10日に設定して、
下記3ファンドの積立を行っています。

funds-i外国株式      10,000円/月
funds-i新興国株式     10,000円/月
funds-i海外5資産バランス 10,000円/月


funds-i外国株式インデックスの運用状況

※基準価額は5月20日のものです。
(NISA)funds-i外国株式
基準価額¥19,691 
平均取得価額¥21,447 
保有口数88,589 
投資額¥190,000 
評価額¥174,440 
評価損益¥-15,560 
評価損益率-8.2% 

投資成績fund-i外国株式20160520_s
(※クリックで大きくなります。)

先月末、市場に期待されていた日銀の追加緩和は0回答だったことから、
GW中に急速に円高が進み、連休明けからは為替は多少持ち直してきたのですが、
今度は米国利上げ懸念などから外国株式市場が軟調になってきてしまいました。

今月はなぜかムダに大きく反発したところでの積立となりました。
う~ん。あと1日早ければといった感じはありますが、
ドルコスト平均法における都度都度の積立タイミングの影響は、
パフォーマンス自体に大きな影響を与えるわけでないと考えております。

特に積立日を指定して投資している場合は、
こういったタイミングでの積立になってしまうことの不利益の可能性よりも、
タイミングを図ろうとして積立を躊躇してしまったり、
都度発注操作を行わなければならない手間の方がデメリットになると思っています。
特に前者のタイミング投資に関しては、躊躇して積立できなかった経験があるだけに、
自分にはこの手法が一番合っているとは感じています。

それでも最近は、ドル高による円安の恩恵もあって、
米国利上げ懸念による海外の株安は多少緩和されているようです。


funds-i新興国株式の運用状況

※基準価額は5月20日のものです。
funds-i新興国株式
基準価額¥10,321 
平均取得価額¥10,332 
保有口数48,391 
投資額¥50,000 
評価額¥49,944 
評価損益¥-56 
評価損益率-0.1% 

投資成績fund-i新興国株式20160520_s
(※クリックで大きくなります。)

やっぱりセルインメイなのでしょうか?

先月までが短期的な反発なのか?今が短期的な調整なのか?
まったく分かりませんが、今年から積立を始めたこともあり、
精神的にも余裕をもって積立できております。

ただ現在の投資額では、損益がプラスに振れたところでたかがしれているので、
このままズルズルと積立を継続している間に、
ズッポリと蟻地獄に嵌ってしまいそうな気もしています。

まぁ、5年後にそのままロールオーバーしても、
投資枠に対して支障なくセカンドシーズンが始められるように、
金額を抑えて投資しているので、一時的に抜けられない状態になったとしても、
経済的には勿論、精神的にも耐えられるとは思っていますが。

とはいえ、机上で考えているのと、実際にそういう状態になるのでは、
気分的には大きな違いは出てくるでしょうから、
別にこの投信に限ったことではありませんが、
リスク許容度を見誤らないようにはしていきたいですね。


funds-i海外5資産バランスの運用状況

※基準価額は5月20日のものです。
(NISA)funds-i海外5資産
基準価額¥11,703 
平均取得価額¥12,571 
保有口数151,139 
投資額¥190,000 
評価額¥176,877 
評価損益¥-13,123 
評価損益率-6.9% 

投資成績fund-i海外5資産20160520_s
(※クリックで大きくなります。)

この投信に対してどう評価したら良いのか?未だに分からないでおりますが、
昨年8月以降はずっとナンピン状態が続いていることから、
損益とかいったものを気にする段階は遠の昔に終わっていると思われます。

NISAですから、何かと損益通算して買い直すといったこともありませんし、
ロールオーバーしていくことを前提として、
気長にチマチマ積立をしていきたいと考えています。


今日のアイキャッチ画像は。

「ハンドレッド」から、主人公の妹、如月カレンちゃんです。

ぬりぬりしておいてなんですが、カレンちゃんは妹キャラとして、
ちょっと薄い感じがするんですよね。
設定における上辺の嫉妬だったり、個人的にはあまり・・・

今期アニメのNISA記事でのアイキャッチは、
「ふらいんぐうぃっち」で純粋な可愛さのある千夏ちゃんと、
「ビックオーダー」での背徳的な雰囲気が気になる瀬奈ちゃんを、
ぬりぬりしていきたいと考えています。

NISA投資funds-i外国株式インデックスfunds-i新興国株式インデックスfunds-i海外5資産バランスハンドレッド如月カレン

0 Comments

Post a comment