保有株からテンバガー(10倍株)が誕生しました。

田中くんはいつもけだるげ:白石ガンバ20160514_shiraishi_s.jpg
(やっぱり長期投資の賜物だよね!?)


いつの間にか11倍までになっていました。

好配当目的で保有している【7575】日本ライフラインがテンバガーになっていました。

(※2016年5月13日終値時点 株価:¥3345 買値:¥301)
7575日本ライフライン損益

先月ぐらいは7倍ぐらいだったように記憶していましたが、
おそらく決算が良かったんでしょうか。
いつの間にか、買値に対して11倍の株価になっていました。

僕が好む銘柄としては、好配当で比較的成長が安定期に入っているものが多く、
成長による値上がりよりも配当重視で選んでいるつもりで、
この銘柄についても、業種的には安定していると思われる医療機器販売と、
3%程度の好配当だったことから購入したと記憶しています。

確かに保有銘柄数は富士宮応援ファンドを含め40銘柄ほどありますが、
実際のところ、他銘柄では株価2倍程度が2~3つしかないことを考えると、
保有銘柄中でこの銘柄がどれだけ異常かが分かります。

とはいえ、現時点でPER20倍ぐらいですから、
多少期待先行の割高感があるものの、業績が伴っての株価上昇とも言えるわけで、
単に割安株だと思って購入したものが、実は成長株だったわけです。


単元未満株だったから、ここまで持てたと思います。

僕は基本的にチキン投資家ですから、たとえ単元未満株であろうとも、
大きな値上がりに対して握力はそんなに強くはないわけですが、
日本ライフラインのチャートとともに売買行動を振り返ってみたいと思います。

7575日本ライフラインチャート


まずは投資時期ですが、印の2013年10月に単元未満で1万円分を購入しています。
その後、印の株価が2~3倍ぐらいの時に、2回部分売却をしています。
この2回の売却によって投資元本が回収されたことで、
この銘柄はリスク0で配当金を生み出す「魔法のお財布」になりました。

まぁ、こうやってチャートを見るまで気づきませんでしたが、
今年2016年に入ってから株価が急騰していたんですね。
というぐらい「魔法のお財布」化の後は、ほったらかし状態だったわけです。

これ単元株だったら、たぶん多くても2単元ぐらいしか購入してなかったでしょうし、
印の時に全部売り切っていただろうと思います。


せっかくなので。。。

たぶん僕にとっては最初で最後のテンバガーだろうと思いますし、
増配によって、買値ベースで考えれば10%近い配当利回りにもなってますから、
このまま、ずっと保有しつづけていきたいと考えております。

単元未満株での少額とはいえ、投資であることには変わりがなく、
本来はこんな考え方をしてはいけないのかもしれませんが、
現時点で僕にとっての個別株投資はコレクションというか、
観葉植物を眺めているような感覚にも近いところもあったりして。

その辺のホームセンターで買ってきたノーブランドだと思っていた薔薇が、
実は有名なブランド薔薇だったみたいな感じですかね。

ただ最近は、その他の薔薇達の棘に刺されまくっている感じではありますが。


今日のアイキャッチ画像は。

「田中くんはいつもけだるげ」から、才色兼備の委員長、白石さんです。

最初はなんとなしに見ていたんですが、白石さんと宮野ちゃんが登場してからは、
ちゃんと見るようにしています。

しっかり者に見える白石さんが、実はちょっぴり残念系で、
人間関係に対してうぶなところが、とても可愛らしく思えます。

逆に宮野ちゃんが案外できる女の子だったりして、
この2人がこれからも話に絡んできて欲しいです。


個別株投資日本ライフライン田中くんはいつもけだるげ白石

0 Comments

Post a comment