2016年4月末の資産評価と5月の資産運用予定 ~ ちょっぴり逃げてみたのですが ~

甲鉄城のカバネリ;無名ほっ20160428_mumei_s.jpg
(ふぅ。まぁまぁうまくやれた・・・つもりだったんだけど)


2016年4月末の資産評価

今更ながらの記事になってしまいました。
4月に入るとすぐに円高が進行し、国内株式市場に少し緊張が走ったものの、
原油価格も高値を維持していることから、世界的なリスクオフの流れまでは行かず、
4月中旬を過ぎると日銀の追加緩和が意識され、
国内市場も株式・為替ともに徐々にリスクオンムードの流れになりました。

ただいかにも催促相場といった感じで、あまりにも過剰に期待しすぎなところもあり、
山高ければ谷深しのごとく、月末に日銀追加緩和がなかったことをうけ、
GW谷間には急速に円高・株安が進む展開となっていましたが、
今は少し戻しているようですね。


リスク資産の詳細と推移です。

(※預貯金や個人向け国債は含んでおりません)
201604資産状況詳細_s

201604資産推移

4月は結果的に上下に大きなレンジを描いた感じで、
終わってみればあまり大きな変化はありませんでした。

4月後半に日銀の追加緩和期待が高まりすぎていることを感じ、
期待剥落によって円高が進む可能性を考え、日銀政策決定会合前に、
バランス型ファンドの為替ヘッジ有無による調整を行おうかと思いましたが、
売却時の損益が微妙だったこともあり、それは見送り、
変わりに国内株式・先進国株式のETFを一部売却して備えました。

そのようにして月末にリスク回避行動をとってはおりますが、
投資元本としては積立投資の分とほぼ相殺され、前月とあまり変わってません。

前月比で国内株式の損益がプラス方向に改善されているのは、
損益率が低かった国内株式ETFを一部売却したことで、
結果的に投資元本比でプラス方向へ高く出ているだけです。


リスク資産のアセットアロケーションです。

201604アセットアロケーション
売却を行ったアセットの国内株式・先進国株式が0.7%程度減少し、
逆に定期積立により相対的に資産が増えた先進国債券と新興国株式が微増しています。

【2003/03/31~2016/3/31】
リターン  7.3%(年率)(前月比:±0.0)
リスク  15.0%(年率)(前月比:-0.1)

為替ヘッジ型が混じっているということもあり、
野村インデックスファンドfunds-iのHPにある
投信アシストのポートフォリオ分析で計算しています。

現時点で、予測される年間最大損失額は、評価額基準で約82万円。
投資元本基準でみて、約67万円の元本割れと見積もっています。


リスク資産のポートフォリオです。

資産クラス商品種別商品名資産比率損益率
内株式個別株 富士宮応援ファンド7.8%  36.5% 
 インカムゲイン株16.0%  30.4% 
ETF 【1399】日本株好配当低ボラ0.5%  -0.1% 
先進国株式投資信託 ニッセイ外国株式インデックス13.0%  2.1% 
 funds-i外国株式インデックス6.2%  -5.8% 
ETF 【1550】MAXIS海外株式ETF1.4%  8.5% 
 【1589】iシェアーズ米国好配当1.9%  1.5% 
新興国株式投資信託 funds-i新興国株式インデックス1.6%  7.9% 
先進国債券投資信託 funds-i外国債券インデックスH有0.7%  -0.4% 
バランス投資信託 eMAXISバランス8資産均等25.2%  -1.3% 
 funds-i内外7資産バランスH有10.0%  4.8% 
 funds-i海外5資産バランス6.3%  -4.5% 
 世界経済インデックス9.4%  -1.9% 

リスクオフで売却した【1399】【1550】の資産比率が減少しております。

eMAXISバランス(8資産均等型)の比率が25%と高い状態です。
バランス型でも円高の影響はそのまま受けてしまいますが、
現在の為替レベルと損益率を考えると、このままアベノミクスが終わったとしても、
長期で積立していけば将来的には十分プラスになるだろうと考えています。

無論、日銀の追加緩和などによる円安で、短期的にプラスに振れるような場面があれば、
為替ヘッジ型投信への資産移行の計画を進めるつもりではおります。
そんな日がくるかどうかは分かりませんし、仮に1ドル100円を割ってくれば、
わざわざそんなことをする必要性さえ薄くなってきますが。


4月の資産運用内容

●投資信託
 【特定口座分】
 ・ニッセイ外国株式インデックス
 10,000円
 定期積立
 ・eMAXISバランス(8資産均等)
 10,000円
 定期積立
 ・funds-i7資産バランス・ヘッジ型
 10,000円
 定期積立
 ・funds-i外国債券インデックス・ヘッジ型
 10,000円
 定期積立

 【NISA口座分】
 ・funds-i外国株式インデックス
 10,000円
 定期積立
 ・funds-i新興国株式
 10,000円
 定期積立
 ・funds-i海外5資産バランス
 10,000円
 定期積立

●ETF
 ・【1399】日本株好配当低ボラ
 40株
 52,400円(+840円)売却
 ・【1550】MAXIS海外株式ETF
 20株
 37,420円(+3,500円)売却

●日本株
 ・【4528】小野薬品工業
 1株
 5,237円(+3,693円)売却
 ・【7932】ニッピ
 4株
 3,700円(+217円)売却


5月の資産運用予定

5月に入ってすぐに、個人的事情から資産運用どころではなくなってしまいました。
そこそこぼやかしているので、何のことかさっぱり分からない方も多いとは思いますが、
ブログタイトル上、あまり具体的には書かないようにしていることを、ご容赦ください。

この記事自体もアイキャッチを含め4月末には書き終わっていましたが、
それすらもエントリーする気力がでてこない状態でした。

ただそのような状態でも、会社で仕事をこなしていかなければならないわけで、
このブログも趣味の一つとして続けてきたものですし、そういった趣味活動によって、
仕事のストレスとのバランスや生活リズムをとっていたであろうことを考えると、
このまま更新を滞らせているよりも、少しでも何かを書いて行った方が、
心と体にとっても、良いのではないかと思えることができるまでになりました。

以前のようなペースで定期的に更新出来ないかもしれませんが、
リハビリのつもりで、ちょっとずつでも更新していこうと考えています。

以下のファンドを10,000円ずつ積立をします。
  ・ニッセイ外国株式インデックス
  ・eMAXISバランス(8資産均等)
  ・funds-i内外7資産バランス・ヘッジ型
  ・funds-i外国債券インデックス・ヘッジ型
  ・funds-i海外5資産バランス(NISA口座)
  ・funds-i外国株式インデックス(NISA口座)
  ・funds-i新興国株式インデックス(NISA口座)

5/9から募集していたマネックス債を購入しました。
 第33回 個人向けマネックス債 期間1年 年利率0.60%


今日のアイキャッチ画像は。

「甲鉄城のカバネリ」から、人とカバネの狭間にある者、無名(むめい)ちゃんです。

この作品絵がキレイすぎるので、ぬり絵はできないなぁ~って思っていたんですが、
一部のシーンをのぞいては、基本的にはアニメ絵で、
はっきり色分けされいるようなので、今回ぬりぬりしてみました。

ただ夜など背景が暗いシーンが多そうなので、
手動での感覚的な色調補正などの手間は増えそうですが。

最初「六根清浄」が「ロックオンしちゃうぞ」に聞こえたのは僕だけじゃないはず。


資産状況甲鉄城のカバネリ無名

0 Comments

Post a comment