みんな最初は靴磨きの少年なのかもしれない。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典:リィエル振り向く20170513_Re=L_Rayford_s.jpg

(作戦を考えた。
 まずワタシが先にインデックス投信を積み立てる。
 次にアナタがインデックス投信を積み立てる。
 最後にみんながインデックス投信を積み立てる…)



靴磨きの少年のエピソード。

 ウォール街の街角の脇でいつも靴を磨いている少年がいました。
 その少年には株の知識などなく、お客が話す大儲けした話や破産した話をただ聞きながら靴を磨くのが日課でした。

 その少年のところで毎日靴を磨いてもらっている投資家がいました。
 ある日、いつものように少年に靴を磨いてもらっていたら、聞きもしないのに少年の方から「○○会社の株がいいみたいですよ」と勧められました。
 こんな靴磨きの少年まで株の話をするようになるなんて暴落は近いと思い、株を売却しその後に発生した大暴落から難を逃れることができた。

 こんなエピソードから、今まで全く投資に興味がなかったのに、マスコミや周囲の雰囲気に煽られて株式投資を行おうとする人達のことを「靴磨きの少年」に例えられたりします。
 いわゆる天井フラグってやつですね。


 でもどうなんでしょうか。
 家庭環境によっては比較的若い時期から株式投資に接することがあるのかもしれませんが、それはかなり少数派なような気がします。

 ほとんどの人は株式投資を始めるのに、なんらかのキッカケがあったんだろうと思います。
 それは自身の仕事や生活に関する環境や心境の変化かもしれません。
 ネットや雑誌・TVなどといったメディア媒体からの情報発信によるものかもしれません。

 でも個々人の環境・心理変化などそうコロコロ起こることでもないでしょうし、多くの場合は株式市場が活発になってから盛んに発信されるようになるメディア媒体がキッカケになっている方が多いのではないかと想像しています。

 投資を始めてから大暴落が発生していないだけで、多くの人が最初は「靴磨きの少年」になりえる可能性があったんじゃないかと思えたりするわけです。


僕も靴磨きの少年だった。

 僕が投資を始めたキッカケとしては、仕事に対する環境や心境変化などから、別の事にも興味を向けてみたいと思ったからで、タイミングとしてはアベノミクス直前ではありました。

 ただ、どちらかというと疑心半疑的に投資を始めた感じでしたし、本格的に意識して投資をやりだしたのはアベノミクス後でしたし。
 かくいう僕も靴磨きの少年でした。

 実際にブログを始めた頃はアベノミクス初年度で多くの新しい投資ブログが立ち上がってきていたこともあって、中には「靴磨きの少年風」に揶揄するような方もいたりしました。

 僕自身は投資に興味を持つ「靴磨きの少年」が増えてくることは悪いことではないと思っています。
 積立投資であれば変に上昇相場を長い期間積み立てていくよりも、積立始めの直後に大暴落が来た方がまだパフォーマンスはマシだと思いますし。

 あのウォール街の少年だって、毎日お客のトレードの話を聞いていれば、いずれは株式投資に興味も持っても不思議なことではないわけですし、世間話の一つとして他のお客から伝え聞いた情報を交えて話をすることも営業接待のようなものでしょうし。
 まぁ。あのエピソードは作り話みたいなんですけどね。

 短期的トレードやレバレッジをかけた投資は個々人の投資スタイルなので自由であっていいと思いますが、ただ最近「ひふみ投信」に流れ込んでいるような資金を見ると、同じ靴磨きの少年でもアメリカンドリームを夢見る違う種類の少年達かな?と思ってしまうわけで。

 ともあれ。
 天井フラグとなる「靴磨きの少年」がどこで現れたかは後になってみないと分からないわけですが、毎月せっせと積立投資という靴磨きをしている僕も、現在進行形できっとその中の一人になるんだろうなと思ってたりするわけです。


今日のアイキャッチ画像は。

 「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」から、リィエルちゃんです。

 アホなロリっ娘きたぁ!!

 重たそうなまぶたとプニプニのほっぺたがとっても愛くるしいです。

 EDでズームアウトしていくリィエルちゃんを見てると、歌詞通りに、もっとどんどん好きになっていってしまいます。

 1~3話でシスティーナちゃん回、4~6話でルミアちゃん回だったので、来週から続く7~9話でリィエルちゃん回かな?

 キュートな学園制服姿での登場が今からとっても楽しみです。


 
関連記事
スポンサーサイト

Tags   投資思想  ロクでなし魔術講師と禁忌教典  リィエル 

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts