個別株投資におけるコレクション性について。

エロマンガ先生:山田エルフ中二病ポーズ20170510_yamada_elf_s.jpg

(我と契約せし数多の精霊たちよ。我エルフの名において命ずる・・・)


これは分散投資ではない・・・

 先月思わず勢いである銘柄を1単元で購入してしまったことで、あらためて単元未満株投資でのまったり感を認識することになったわけですが。

 実は購入指値した後、すぐに思い直して取り消そうとしたのですが、年初にリニューアルされたマネックス証券のUIがクソで少々分かりにくく、取消方法が分からず操作方法を探しているうちに約定してしまったといったことはひとまず置いておきまして・・・

 その時に感じたことは2つ。

 まず1つ目は、毎月計4~6万円のインデックス投信を積み立ててきたのに、ある日突然それを超えるような金額を一つの株式に投資するという投資方針としてのバランスの悪さ。

 そしてそれ以上に強く感じたもう一つのことは・・・

 20万円という金額があれば、ワン株を使って1銘柄1万円分として、20銘柄も購入することができるじゃん!!

 そう。僕は、現時点において50社にもおよぶ上場企業の、株主という名の単なるコレクターなのです。


 個人投資家が行う個別株投資において、一般的に過度な銘柄分散は管理コスト面から非効率的とされ、10~20銘柄程度に留めた方が良いとされています。
 また業種セクター別でみた偏り度合にもよりますが、銘柄数が20銘柄を超えたあたりから分散効果は急激に弱まるとも言われております。

 フフッ。そうなのしれませんね。
 でも僕のはコレクション投資なので、分散効果云々は目的としてはおりません。

 僕の場合は一種の投資手法として意識的に単元未満株でのコレクション投資を実践しておりますが、中には意識せずとも運用金額の大きさや優待目的などから、単元株で投資していても自然と銘柄分散が進んでしまい、いつの間にかコレクション投資になっている個人投資家もいるかもしれません。


コレクション投資家の試練。

 コレクション投資家としての試練は比較的早い段階から訪れます。

 おそらく30銘柄を超えた頃ぐらいからでしょうか?
 配当金のお知らせや中間決算などのいわゆる「郵便爆弾」というものの脅威を意識しはじめるのが・・・

 最初の頃は、単元未満株でも議決はないけど株主として扱ってくれんだ。みたいな喜びを感じたりしてしまいますが、そのうち郵便物が送られてくる時期になると廃棄処理の事を考えて次第に憂鬱になったりします。

 でもその試練も2~3年も続けていれば慣れてきたりするものです。
 逆に、この試練を克服できないとコレクション投資家としての道を諦めることになります。

 大人買いで極端に銘柄数を増やした場合は、また違った印象を受けるのかもしれませんが、1年に10銘柄程度をポートフォリオに加えてしていく分には、もう30も50も変わらないって感じになります。

 それとやはり自分が勤めている会社以外で、社会と繋がっているという妙な安心感が銘柄の数に応じて増していくようにも思えています。

 さすがに数百銘柄というレベルになるとどうなるのか分かりませんが、200銘柄ぐらいまではいけるんじゃないかと思ってます。


保有銘柄のレベル上げとか。

 僕は投資において損益率というのを結構重要視しています。

 含み損の状態に耐えられないというわけではありませんが、含み益と言うのは精神的なリスク許容度の底上げにつながっているであろうと考えています。

 そこから保有銘柄をRPGでいうところのキャラクター、その損益率をレベルという概念でとらえている部分もありまして。

 各キャラのレベルは日々上がったり下がったりして、普段であれば自分でコントールできなかったりするわけですが。

 時々発生する調整局面や業績悪化などのエナジードレインを受け、レベルがマイナスになってしまったキャラに対して、ナンピンというチャレンジイベントに挑戦させることにより、まれにレベルの底上げを図ることができます。

 ただこのイベントクリアに失敗してしまうと、レベルの低下に応じて著しい体力減少に見舞われることになります。
 その進行具合によっては塩漬けと呼ばれる特殊処理を施し、長期間休ませる必要ができてきます。

 えてしてナンピンチャレンジを行うキャラはだいたい決まってくるようで、そういった手間のかかるキャラほど愛着が湧いてしまったりします。

 また逆にレベルが100を超えてくるようなキャラは、別世界では恩株と呼ばれているレジェンドへの昇格機会が巡ってくることがあります。
 レジェンドに昇格したキャラは、その時のレベルに応じて攻撃力は半分にまで低下してしまうこともありますが、固有アビリティとして絶対防御が付与され、体力がある一定値よりも下がることがない無敵状態となります。

 このように多くのキャラを集めるだけでなく育てる楽しみがあるのも、コレクション投資の面白さの一つです。


今日のアイキャッチ画像は。

 「エロマンガ先生」から、山田 エルフ(やまだ・えるふ)先生です。

 ゴスロリファッションが醸し出す雰囲気からか、中二病ポーズやセリフが案外キマっているように感じるエルフ先生です。

 ところでエルフ先生は14歳ですから中学生なんでしょうが、ガッコウはどうしてるんでしょうか?
 それを言ったら紗霧ちゃんとかもなんですが。。。

 ネットとかでの通信制の中学校みたいなものとか?
 二人とも妖精さんのような存在ですから、現実世界のシガラミにはとらわれないのかもしれませんね。


関連記事
スポンサーサイト

Tags   個別株投資  投資思想  エロマンガ先生  山田エルフ 

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts