2017年5月募集の個人向け国債の利率が発表されました。~ 資金効率よりも興味のあるなしが優先されてしまう ~

サクラクエスト:木春由乃あきれる20170508_koharu_yoshino_s.jpg

(面倒に思えることには関わりたくないんだよね。)


2017年5月募集の個人向け国債の利率が決定しました。

募集期間:平成29年5月11日(木)~ 5月31日(水)
発行日 :平成29年6月15日

●変動10年(第86回債)
 初回利率(税引前)0.05%
     (税引後)0.039%ぐらい

●固定5年(第74回債)
 利率(税引前)0.05%
   (税引後)0.039%ぐらい

●固定3年(第84回債)
 利率(税引前)0.05%
   (税引後)0.039%ぐらい

ソースはこちら。
 >>財務省HP 金利発表掲示板


 はい。今月もいつもどおりの内容です。

 毎月20万円ずつを積立式に購入しているわけですが、このペースでいくと年内には個人向け国債の保有金額が1,000万円を超えてくることになります。

 ネットバンクなどではこの利率よりも良い金利の定期預金があったりするわけなので、そちらの方に少しでも・・・という方もいらっしゃるとは思います。

 僕も数年前にネットバンクの口座をいくつか開設しましたが、今メインで預け入れしているところは「しずぎんインターネット支店」「スルガ銀行ANA支店」だけだったりします。

 リスクゼロの定期預金とはいえ、些細な金利の差で新規に口座を開いたり、お金を移動させたりするのが面倒だったりするわけで。

 でもほらっ。定期預金での資金の移動って、ホントお金だけが目的のところがあるじゃないですか?
 そういうのでいろいろ動くって、なんかお金に働かされているような気がして。
 ネットバンクを開設した頃はそういった満期時の預け替えなども、一種のイベントみたいな感じで面白くは感じていたんですけどねぇ。
 最近は自身の興味が他所の事に移ってきたってことなのかもしれません。

 そんなこと言っているくせに信託報酬の些細な差で、投信の乗り換えを行っていたりするじゃないか?と思われるかもしれませんが。
 そういうのがブームみたいに感じていたところもありますし・・・・まぁ。実際は部分的に利益確定するための言い訳に過ぎなかったりするとこもありましたし。


 僕の場合、効率的か非効率的かということよりも、興味があるかないかの方が行動として優先されてしまうんだろうと思います。

 結果として定期預金の預け替えに勤しむよりも、多少金利が低くても個人向け国債でも買って寝かせておくといった行動になってしまっているんだろうと思います。

 毎月の積立によって、今では毎月利子が入ってくるという楽しみもありますし、昨年から利子から支払われる税金も損益通算に使えるようにもなりましたし。


エクセルで今月貰える予定の利子計算。

 僕は、エクセルシートを作って、半年ごとに変わる利率に応じて、利子が自動計算されるようにしています。

【管理ツール】エクセルで個人向け国債(変動10年)積立用の利息計算表を作ってみました。

 これによれば、今月5月は375円(税引後299円)が入金される予定になってます。
 昨年10月募集の適用金利0.05%での利子です。

 2014年~2016年に購入した個人向け国債150万円分の半年分の利子になります。


今日のアイキャッチ画像は。

 「サクラクエスト」から、木春 由乃(こはる・よしの)ちゃんです。

 由乃ちゃんもなかなかカワイイのですが、個人的な好みとしては5人の中では、癒し系のしおりちゃんと、ちょっぴり不思議系の凜々子ちゃんでしょうか。

 いずれにしても田舎にこれだけ可愛い女の子と美人さん達がいれば、それはもう一種の奇跡ではないかと思ってしまうわけですが。
 とりあえず上記3名でアイドルユニットを組むだけで、そこそこ人を呼べるんじゃないかと思ってしまったりします。

 そういえば富士宮でも何年か前に「わが町のAKB」とか言って、1年限定でご当地アイドルを結成してたりしてたんだっけ・・・まぁ可愛くないのは正義じゃないからね。

 サグラダ・ファミリアとか伝統工芸を持ち出したりするよりも、とことんチュパカブラで突き進むおバカなコメディでも面白かったんじゃないかとも感じます。

 町おこしを題材としたアニメなんですけど、コレって聖地巡礼系なんでしょうか?
 作中で具体的な地名などは記されていないものの、ネットでは早くも富山県南砺市というところが特定されているようです。


関連記事
スポンサーサイト

Tags   個人向け国債  サクラクエスト  木春由乃 

Comment

 #-

南砺市は制作会社のP.A.WORKSの所在地でもありますね。
同社の過去作「true tears」も南砺市が舞台でした。

2017/05/11 (Thu) 20:39 | URL | 編集 | 返信
mochi #-

そういうことだったんですね。

> 南砺市は制作会社のP.A.WORKSの所在地でもありますね。
> 同社の過去作「true tears」も南砺市が舞台でした。

 なるほど。勉強になります。
 そういう前例もあって、特定も早かったんですね。
 制作会社としては地域貢献の一環みたいなところもあるのかもしれませんね。
 教えていただきありがとうございました。


2017/05/12 (Fri) 00:37 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts