2017年4月10日~14日の成績 富士宮応援ファンド「宮物語」 ~ ズルズルと沈んでいく日々… ~

冴えない彼女の育てかた:澤村・スペンサー・英梨々20170415_sawamura_spencer_eriri_s.jpg

(あ~もう。面倒だからズドンといっちゃいなさい!!)



先週の「宮物語」

 富士宮市に本社・工場がある会社株式に投資する富士宮応援ファンド 愛称「宮物語」2017年4月10日~14日の成績を発表します。

 先週の国内株式市場は引き続き北朝鮮・シリアの地政学的リスクが意識されて株価は下向きの展開となりました。
 為替もいつの間にか1ドル108円台まで円高が進み、すぐに近くの国がヤバいのにいまだ有事の円買いというパターンが生きているようです。

 日経平均株価やTOPIXなどは日銀のETF買いなどもあるのか?思っていたより下落は限定的なように感じます。
 一方の中小型株は、3月まで好調に推移していた反動から比較的大きく下落している銘柄も多いようですが、一過性のリスクオフと考えている個人投資家による押し目買いもあるようで、週後半は下落幅も限られてきたように思います。


現時点での成績です。

富士宮インデックス成績1_20170414

 僕の持ち株の成績は、右カラムのリンク集の「株ポートフォリオ」でも見れるよ。

 内外需問わず下落傾向にありますが、円高進行もあり特に輸出関連の中小型株の調整が目立つように感じます。

 先週のMVPは、【4543】テルモです。
 前週末株価に対して、約0.6%の上昇を見せてくれています。

 まぁ。上昇というよりは下落していなかったというだけですが…
 一足先に2月時点でトランプ相場の上げ分を消化してしまっておりますので、その分下落幅も限られていたということなんだろうと思います。

20170414JB7BPZBD.png


 医療精密機器といった業種を考えれば、こういった有事の際には上がってもおかしくはないんじゃないかと思ったりもしたんですが、防衛関連銘柄の思惑買いがここまで発展することはなかったようです。


 たらればですけど。3月中に【4963】星光PMCを部分利確しておかなかったことが少し悔やまれます。
 ちょっと欲をかきすぎちゃったというのもあるんですが、そういう雰囲気だったってことなんでしょうね。


 先週は【7219】HKSのQ2決算が発表されていました。
 昨年度に比べると大きく減益してしまっているわけですが、業績予想で示されていたことですし、前年が良すぎたというだけで悪い決算というわけではないと認識しています。
 そもそも以前から業績に関わらず株価は上がりも下がりもしてませんし。


週間騰落率推移

 先週2017年4月10日~4月14日の騰落率の推移を表したものがコチラです。
 先々週4月7日の値を0起点として騰落率を算出しています。

富士宮インデックス成績2_20170414


 「宮物語」の銘柄構成を考えると、今の相場環境では致し方ないかと。
 それでも株価指数との差も限られてきていて、少しは落ち着いてきたように感じます。

 一方、「ひふみプラス」はというと、これまた先々週に引き続いて大きく下落してしまっています。
 大量の資金流入によって現金比率は比較的高まっていた状態にあるんだろうと思いますが、運用規模が大きくなってきていることもあって買い向かっている最中なのかもしれませんね。


年間騰落率推移。

 年初からの騰落率の推移を表したものがコチラです。
 昨年末12月30日の値を0起点として騰落率を算出しています。

富士宮インデックス成績3_20170414

 「宮物語」は一時完全復活の勢いを見せ始めていたんですが、結局は株価指数と同じような位置まで下がってしまいました。
 かろうじて株価指数をまだアウトパフォームはしておりますが、今のような雰囲気が今週以降も続くと、今の順位確保もなかなか厳しいものがあるように思われます。

 「ひふみプラス」がめずらしく急落してしまっているわけですが、森永ショックで急落する直前から見れば「宮物語」とほぼ同じぐらいの下落幅といったところでしょうか。
 ここ2週間ぐらいの下落で資金流入にどのような変化が出ているのかがちょっと興味が出てくるところではあります。


心にうつりゆく よしなし事を つれづれなるままに。

 これを書いているのが15日正午をちょっと過ぎたあたりなんですが、この週末が無事何事もなしに終われば、一旦はアク抜けという形になるんでしょうか?

 ただ北朝鮮も4月中はイベント目白押しということですし、もうしばらくは調整が続くのかもしれませんね。

 振り返ってみると調整が始まったのが先月3月中旬ぐらいからで、そもそもトランプ大統領の経済政策に対する実行性懸念であったわけですし、そのトランプ大統領は軍事的威嚇に夢中になっているように見えたりもします。

 結局はこの地政学的リスクによって、調整が終わるのに必要な時間が縮まっただけなのかもしれませんね。

 そうそう。先週は【1492】MAXIS JPX日経中小型株と、個別株を未単元で4銘柄ほど購入してみました。その話の詳細はまた後日。


今日のアイキャッチ画像は。

 「冴えない彼女の育てかたb(フラット)」から、澤村・スペンサー・英梨々(さわむら・すぺんさー・えりり)ちゃんです。

 地方民としてはちょっと心配していたんですが、先日テレビ静岡のノイタミナで無事放映が始まりました。

 第1話はおさらいといった感じでしたが、2期から視聴しはじめた人にとってはちょっとインパクトが薄い感じだったかもしれませんね。

 設定やストーリー自体は平凡な感じの作品になるんだろうと思いますが、個人的には各ヒロイン達の群像劇や会話での掛け合いといったところに魅力を感じています。
 あっ。あとふとももも。

 回想シーンに割いた時間も多かったからか、ちょっと表情が堅い感じがして、なかなか良いぬりぬりシーンが少なかったのが、ちょっぴり残念です。
 次回話以降に期待してます。


関連記事
スポンサーサイト

Tags   投資成績  個別株投資  冴えない彼女の育てかた  澤村・スペンサー・英梨々 

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts