2016年のまとめと12月の成績 好配当日本株個別銘柄 ~ それでも私は夢見てる ~

魔法少女育成計画:スノーホワイト芽吹き20161221_Snow_White_s.jpg

(それでも私は夢見てる。配当金生活者になることを。)


2016年12月末時点での成績。

インカムゲイン株1_20161230_s
(※クリックで大きくなります)

僕の持ち株の成績は、右カラムのリンク集の「株ポートフォリオ」でも見れるよ。

 12月は出遅れ感のあった内需系に資金が回ってきてくれたようで、概ね良い感じに上昇してくれております。

 東証1部上場後に急落していた【3172】ティーライフの株価が回復してきた一方で、評価額ベースでは組入比率最大となっている【7575】日本ライフラインが急落してしまっております。
 また、6月にナンピンした【1956】NDS【6402】兼松エンジニアリングもようやく安定して損益プラスに転換していたため、一部調整売却してナンピン分の元本回収を行っております。

 12月は16社から計3,162円(税引後)の配当金をいただきました。
 2016年度の配当金合計は11,919円(税引後)となりました。
 今はまだ小さく芽吹き始めただけに過ぎませんが、いつかは配当金が生活資金の支えになってくれることを夢見て株式を貯める感覚で、投資手法の一つとして高配当戦略も続けていきたいと思っております。

 保有銘柄全体の12月の成績としては以下のように好調推移しました。
 <月次>含み損益:+7.8%、確定益込み:+10.7%


 2016年は急激な株安・円高から始まり、途中さまざまな波乱があったりしましたが、終わってみれば想像以上の好パフォーマンスを得ることができました。
 <昨年末比>含み損益:+20.5%、確定益込み:+27.5%

インカムゲイン株2016まとめ


2013年9月からの推移。

インカムゲイン株3_201601230

 投資額としては1年前とほぼ同じレベルになっておりますが、好調相場に牽引される形になり、3ヶ月連続で評価額・損益ともに最高値を更新しています。

 今年の投資手法も引き続き、基本ホールドで、相場急落時のナンピン&新規銘柄組入れと、相場回復時のポジション調整を組み合わせる手法でいきたいと思います。


今日のアイキャッチ画像は。

 「魔法少女育成計画」から、スノーホワイトです。

  ある程度の想像はできていたとはいえ、今日のアイキャッチぬり絵にあるエンディングのこの優しい感じの絵柄から、あそこまで残酷で凄惨な描写のスプラッターバトルが展開されることになろうとは思いもよりませんでした。

 最後はなんか豹変したようにワイルドになった感じのスノーホワイトですが、そりゃまぁ、あんなサバイバルを経験すれば誰だって精神的におかしくなってしまうものだと思います。

 でもメインヒロインでありながら、最後まで活躍らしい活躍はなかったんだよなぁ。どちらかというとその近くにいた子がどんどん退場していってしまうという昔でいう所の「さげまん」ってやつでしたね。

 スノーホワイトの魔法能力は「困っている人の声が聞こえる」ことなんですが、ホントの能力は「困っていると誰かが自身を犠牲にしてまで助けてくれる」なんじゃないかと思ってしまったりするわけです。

 実質的に活躍をしたヒロインはリップルなんだと思いますが、それを何もせずに逃げていただけのキャラが最後にサラッとヒロインの座をかっさらっていくあたりが、なにより一番の不平等で理不尽で不条理な出来事だったのかもしれません。
 でもそれがこの世の中だったりするんですよね。結局は搾取される側と搾取する側、利用される側と利用する側、損する側と得する側のどちらかに分けられるわけで。

 実はそういったことを背景として描きたかった作品だったのでは?などと放映終了から時間が経過してから思えてきたりしています・・・深読みしすぎか。


関連記事
スポンサーサイト

Tags   投資成績  個別株投資  好配当  魔法少女育成計画  スノーホワイト 

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts