やはり日本人は負け組なのか!? 最近のドル建て日経平均株価推移を見てみる。

(どうしてこんなことに・・・)円高の影響で今年の日本株は低調なように見えます。 TOPIXなどの代表的な株価指数に高い比率で含まれている自動車産業や電気産業に代表される輸出企業は、為替レートが業績に与える影響が大きく、結果として、その株価も為替の影響を受けやすくなっています。 そのうち日本株式も為替ヘッジ型投信が出てくるのではないか?などと思っていたりするわけですが・・・ それでは外人さんから日本...

妄想系検証シリーズ「本当のドルコスト平均法をやってみよう!」

(どっちの投資手法が優れているのか? 勝負だ!)ドルコスト平均法って・・・・ 皆さんドルコスト平均法って知ってますか? 毎月一定額を定期的に積立投資するアレです。 一般的に、この投資手法をドルコスト平均法って言ってますけど、本当にコレはドルコスト平均法なんでしょうかねぇ? だってみんな、ドルじゃなくて、円基準で投資してるんじゃん。 だからこれ。ドルコスト平均法じゃなくて、正しくはエンコスト平均法っ...

バランス型ファンドの年初からの推移を見比べてみる。ニッセイ4資産均等 vs funds-i7資産・為替ヘッジ vs eMAXIS8資産均等

(いろんな仲間がいるってのも悪くないかもね?)あの後どうなっているのか・・・? 約1ヶ月ほど前にエントリーした記事。 「ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等)と、funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型では、どっちが底堅い?」 今週に入って持ち直しがみられるものの、あの時と比べると相場環境はずいぶん違った景色になっております。 特に円高傾向に振れていることもあり、funds-i内外7資産バラ...

妄想系検証シリーズ「欧米人はこの暴落相場をどう迎えているのか?ドル建て・ユーロ建てでeMAXISバランス(8資産均等)で見てみる」

(日本人のお金を返して下さい。)損をしているのは僕らだけじゃないはず。 年初からの世界的な金融市場でのリスクオフは、当然、僕ら日本人だけではなく、多くの世界中の投資家達が損失を被っているのではないかと思います。 銃社会で常に生存リスクが脅かされているアメリカ人だって、今回の下落相場にきっとビビッているはずです。 自分たちばかり良い思いをして、周辺国を貧困に追いやっているドイツ人だって、ついに神の鉄...

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等)と、funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型では、どっちが底堅い?

(紅殻の硬さを調べるんですか? ちょっとだけなら・・・)検索流入が思いのほか多いので。 「自分にとってのニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)を考えてみる」 という記事に対してのアクセスを、結構多くいただいておりますので、調子にのって、またニッセイ・インデックスバランス・・・ って、名前がなげーよ。 というわけで、以降ニッセイ・バランス(4資産均等)で。 あの記事においては、ニッセイ・バ...